記事
  • ロイター

米ギリアド、通年見通し引き下げ レムデシビルの販売予想下回る


[28日 ロイター] - 米製薬会社ギリアド・サイエンシズ<GILD.O>が発表した第3・四半期決算は売上高が前年同期比17%増加し、市場予想を上回った。ただ、新型コロナウイルス感染症の入院患者の治療向けに米国で唯一承認されている抗ウイルス薬「レムデシビル」の業績への寄与度は予想に届かなかった。

同社は通年の売上高見通しを引き下げ、230億─235億ドルとした。市場予想は241億ドル。同社は従来予想では最大250億ドルを見込んでいた。

レムデシビルの売上高は8億7300万ドルで、市場予想の9億6000万ドルを下回った。

ギリアドは決算発表後の電話会見で、レムデシビルの販売分の一部は第4・四半期の利用に向け在庫として保有されるとし、同薬の売り上げを予想するのは現時点では困難だと加えた。

ジョアンナ・メルシェ最高商業責任者(CCO)は、米国では今年夏に新型コロナ感染症の患者が急増したが、若年層の患者が多く、入院率は実際には低下したと指摘。「今年秋の欧米での感染急増を踏まえると、こうした数字は再び増える可能性が高い」と述べた。

アンドルー・ディキンスン最高財務責任者(CFO)は「業績予想の修正は、ほぼすべてベクルリー(レムデシビルのブランド名)の予想に関連するものだ。第3・四半期の需要は予想を下回った」と述べた。

ジェフリーズのアナリスト、マイケル・イー氏は「新型コロナのパンデミック(世界的大流行)の先行きには依然として不透明感があり、レムデシビルの見通しに疑問が残る」と述べ、新型コロナ感染症治療を目的とした他の抗ウイルス薬の臨床試験に言及した。

ギリアドの株価は通常取引を2%安で終了した後、時間外取引でさらに1.5%下落した。

第3・四半期の売上高は66億ドルで、市場予想の平均(63億1000万ドル)を上回った。調整後1株利益は2.11ドルで、市場予想を0.21ドル上回った。

レムデシビルは、政府が実施した臨床試験で新型コロナ患者の入院期間を短縮させる効果を示したことを受け、5月に米食品医薬品局(FDA)が緊急使用を承認。

7月に商業販売が開始され、FDAは今月、正式に同薬を承認した。ただ、世界保健機関(WHO)が支援する臨床試験で最近得られた結果では患者の症状に改善の効果は見られなかった。

*内容を追加して再送します。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

  4. 4

    「小泉さんの仕事」橋下氏が指摘

    橋下徹

  5. 5

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  6. 6

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  7. 7

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

  9. 9

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  10. 10

    政府の五輪感染対策に批判殺到

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。