記事

クスリでハイになったトランプが、支持者にライフル武装で投票所周辺をうろつくようけしかけている件 言霊USA「Army for Trump(トランプ軍団)」 - 町山 智浩

 10月2日、トランプ大統領はコロナ陽性で入院した。74歳の高齢でハンバーガーばかり食べているトランプは死に至る危険性が高く、憲法修正25条に従って権力の移行も取り沙汰された。

【画像】トランプのオコロナ対策を批判し「あの女はわかってない」とトランプ大統領にブチ切れられていたミシガンの美女州知事

 この一週間に少なくとも22人がトランプの周辺でコロナ陽性になった。メラニア夫人、ホープ・ヒックス元広報部長、ケイリー・マクナニー報道官、スティーヴン・ミラー上級顧問、ケリーアン・コンウェイ元上級顧問、選対本部長ビル・ステピエン……。

 その多くが9月26日の最高裁判事の指名式に出席していた。ホワイトハウスの中庭ローズ・ガーデンに集まった200人の8割は、マスク嫌いのトランプにならってマスクをしていなかった。さらにソーシャルディスタンスも無しで、握手どころかハグやキスさえしていた。トランプ自身がクラスターを作ったわけだ。感染症専門家の警告を無視して。


来日時のトランプ大統領 ©JMPA

 就任以来、いちども自分の非を認めたことのないトランプもさすがに今回は反省するかと思ったが……。

 トランプはなんと入院から3日後の10月5日に退院し、ホワイトハウスに戻った。

「私はコロナについて学んだ。完全に理解した」トランプは退院を国民に報告するビデオを発表した。相変わらずマスクはつけてない。

「コロナを恐れるな! コロナに人生を支配されるな!」

 そう言って自信たっぷりに親指を立ててみせた。何も変わってない! いや、前よりも元気かもしれない。

「私たちは好きでコロナに人生を支配されたわけじゃない!」

 コロナで亡くなった俳優ニック・コーデロの未亡人アマンダ・クルーツは怒りのビデオをインスタグラムに投稿した。トランプのツイートは、自分のコロナ対策のミスで亡くなった21万人と、その遺族にあまりに失礼だ。

入院中、マシンガンのようにツイートしまくったトランプ

 でも、そんなこと気にする大統領じゃない。続けてこんなツイートも。

「インフルエンザで毎年10万人も死ぬが、いちいちロックダウンするか? しないだろ。我々はインフルと同じようにコロナとも共存する道を学ばなければ」

 このツイートは「コロナについて間違った情報を拡散しています」とツイッター本社から警告文をつけられた。

 トランプは入院中からずっとマシンガンのようにツイートしまくっている。「最高の気分だ!」「投票せよ!」「20年前より調子がいい!」いつ寝てるのか?

 医師団によるとトランプはコロナ治療薬デキサメタゾンを投与された。この薬の副作用は「気分の高揚、攻撃性、思考の混迷」。……そんな薬物の影響下にある人物に核ミサイルのボタンを握らせておいていいの?

 こんなツイートもした。

「投票監視のボランティア求む。アーミー・フォー・トランプ(トランプ軍団)」

 つまり、不正投票がないか監視してほしいというのだが、トランプ支持者はライフルで武装して、投票所周辺をうろつくことになる。有権者への威嚇、投票妨害だ。「トランプ軍団」という名前は、ヒトラーの政敵を暴力で蹴散らしたナチ突撃隊を思わせる。

 トランプ軍団は既に動いている。10月8日、FBIはミシガン州の極右過激派集団「ウルヴァリン・ウォッチメン」13人を逮捕した。彼らは他のミリシア(民兵)グループ200人を集めて、投票日前に州議会ビルを襲撃し、グレッチェン・ウィトマー州知事を誘拐、殺害する計画を進め、6月から訓練をし、爆弾の実験もしていた。ミシガンの司法長官ダナ・ネッセルによると彼らの目的は「アメリカを内戦状態に引きずり込む」ことだった。

ミシガンを解放せよ!

 ウィトマー州知事(49歳)は民主党のホープ。歯に衣着せぬ言い方でトランプ大統領のコロナ対策を批判し、ミシガン州のロックダウンを続け、ビジネス再開を求めるトランプから「あの女はわかってない」と批判されていた。

 4月にはトランプが「ミシガンを解放せよ!」とツイートした。いわゆる「犬笛(信奉者に向けた攻撃指令)」を吹いたわけだ。案の定、それに煽られた3000人のトランプ支持者がライフルで武装して州庁舎に押し寄せてロックダウン解除を求める事件も起こった。3000人だから、内戦というのも大げさな言い方ではない。

 この誘拐計画について、ウィトマー州知事は記者会見で、責任はトランプ大統領にあると語った。

「国のリーダーは何かを語る際に責任を持つべきです。大統領が国内のテロリストを応援し、共感を示すのは、彼らの行動の承認であり、共犯です」

 でも、このテロの首謀者のアダム・フォックスについて知るとちょっと哀れになる。彼は37歳無職。掃除機修理店で働いていたが、店の経営難で解雇された。金も、住む所もないフォックスは店長に頼み込んで、店の地下室にタダで住まわせてもらった。そこでフォックスは爆弾などを作り、州政府襲撃計画を準備していた。

 フォックスのような失業者は大勢いる。9月の全米失業率は8%でコロナ前の2倍だ。景気はワクチンが普及する来年春まで回復しないと言われる。早急な給付金による救済が必要だが、トランプ大統領は下院議会との給付金の交渉を11月3日の投票日まで停止すると発表した。

「私が選挙で勝ったら、大型の景気刺激策を通過させてやる」

 つまり給付金を人質に取ったわけだ。トランプ軍団はミシガンだけで収まりそうにない。

まちやまともひろ
1962年生まれ。映画評論家。米カリフォルニア州バークレー在住。この連載をまとめた最新刊『トランピストはマスクをしない』(小社刊)の発売記念「町山智浩×水道橋博士×原カントくんオンライントーク」のYouTube動画はこちらから→
BS朝日「町山智浩のアメリカの今を知るTV In Association With CNN」は毎週金曜日22時24分〜放送中

(町山 智浩/週刊文春 2020年10月29日号)

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  5. 5

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  6. 6

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  9. 9

    在宅勤務でも都心に住むべき理由

    PRESIDENT Online

  10. 10

    脆弱な医療体制に危機感ない政府

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。