記事
  • ロイター

米フォード、第3四半期利益が予想を上回る 通期は黒字見通し


[デトロイト 28日 ロイター] - 米自動車大手フォード・モーター<F.N>が28日発表した第3・四半期決算は、利益が予想を上回った。米国でピックアップトラックやSUV(スポーツ多目的車)の需要が好調だった。また、通期の税引き前損益が黒字になると見通し、引け後の時間外取引で株価が一時7%上昇した。

第3・四半期の純利益は24億ドル(1株当たり0.60ドル)で、前年同期の4億ドル(同0.11ドル)から大幅に増加した。

一時項目を除く利益は36億ドル(同0.65ドル)で、リフィニティブのアナリスト予想である0.19ドルを上回った。

第4・四半期の利払い前・税引き前利益(EBIT)は、トントンから5億ドルの損失を想定し、通期の調整後EBITは黒字を見込むとした。

同社は第4・四半期の業績が予想を上回ると表明。通期の税引き前利益を6億ー11億ドルと予測した。7月時点では第4・四半期と通期の業績が赤字になるとの見通しを示していた。

今月1日に就任したジム・ファーリー最高経営責任者(CEO)は、ジム・ハケット前CEOが着手した110億ドル規模の再編計画を完了させるという課題を抱えている。ソフトウエア、データ、車両管理、電気自動車の充電など、関連技術分野への事業拡大も目指している。

ファーリー氏は電話会議で「自動車部門の問題はまだ解決していないが、明確な再生計画がある」と表明。電気自動車が同社の将来の基礎になると述べた。

第3・四半期の調整後EBITマージンは9.7%。通期の目標は8%。第3・四半期の純利益率は6.4%だった。

ジョン・ローラー最高財務責任者(CFO)は電話会議で「需要は予想を大幅に上回った」と発言。

クレディ・スイスのアナリストは「フォード株は目先、アウトパフォームするだろう。ジム・ファーリー氏の就任で、同社のスピードと説明責任が高まるとみている」と述べた。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  3. 3

    立ち食いやきそば コロナで閉店

    田野幸伸

  4. 4

    簡単に休業要請 橋下氏「最悪」

    橋下徹

  5. 5

    医療崩壊危惧のワケ 医師が解説

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  7. 7

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  8. 8

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  9. 9

    秋篠宮さまにみる結婚反対の本音

    女性自身

  10. 10

    無策の菅政権「日本危なくなる」

    畠山和也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。