記事

「男性不妊の可能性知って」約半数が原因不明、治療の術なし…当事者が訴え

1/2
 27日の記者会見で「女性だけでなく男性の不妊治療も含めて、適応症と効果が明らかな治療には広く医療保険の適用を検討すると基本的考え方に立って検討を進める」と話した加藤勝信官房長官。

 「不妊治療の保険適用拡大」は、菅政権の目玉政策でもある。これまで女性の悩みとして取り上げられることが多かった不妊治療の問題だが、厚労省が発表した昨年の調査を見ると、不妊症で通院している女性が約11万8000人に対し、男性は約8000人。およそ15分の1に留まっている。


 しかし、2017年の世界保健機構(WHO)の調査によると、不妊症のうち男性のみに原因があるケースが24%、男女両方に原因がある場合が24%で、およそ半数は男性にも原因があるとされている。

【映像】知られていない「男性不妊」 治療の実態

 ニュース番組「ABEMAヒルズ」では、実際に不妊治療に取り組む男性・オオタさん(43)を取材。オオタさんは、2年前に行った結婚前のブライダルチェックで、精子の数が一般的な数値よりも少ない「高度乏精子症(こうどぼうせいししょう)」と診断された。


「一般的には(精子の数は)1億とか何千万と言われていますが、最初の検査で8匹とか12匹とかそういう感じだった。少ないですね。よく比喩で『雷に打たれた』『頭が真っ白』とかありますが、まさに(ショックで)ああいう状態になった」(以下、オオタさん)

 およそ半数が「原因不明」とされる、男性不妊。オオタさんもそのうちの1人だった。基本的に現代の医療では治療する術がなく、生活習慣の改善や漢方を飲むなどをするしかないという。

 オオタさんは、当時付き合っていた彼女に結婚をやめることまで提案したが、彼女からは「2人で頑張ろう」と励まされ、そのまま結婚。不妊治療を始めた。

「精子検査してくれないっていう旦那さんが結構いるらしいんです。まさか、なんでしょうね。自分(の精子)がまさか少ないと思わないんですよね。検査をすることと、事実を知る、ですよね。数字的事実だと思いますが、48%が男性不妊ですよね。やっぱり勇気をもって検査しないと進まない。入り口にも立ててないご夫婦が結構いるのではないでしょうか」

 政府が男性の不妊治療も保険適用に向けて検討を進めるとした件についてはこう語る。

「当然なのでは。逆に当然にしておかないと、いつまでたっても不妊治療は女性のためのものになって、基本的な改善にならない。保険も男女両方じゃないとおかしい。少子化の改善にもならないでしょうね」

あわせて読みたい

「不妊治療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  6. 6

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  7. 7

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  8. 8

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  9. 9

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。