記事
  • ロイター

伊当局がグーグル調査、広告市場で支配的地位を乱用した疑い


[ローマ/ミラノ 28日 ロイター] - イタリアの反トラスト当局は28日、同国のオンラインディスプレー広告市場で支配的な地位を乱用した疑いを巡って、米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルを調査していることを明らかにした。

調査は、イタリアのデジタル広告ロビー団体IABによる昨年の申し立てを受けて開始。2021年11月までに完了する必要がある。

伊当局は、グーグルについて、自社のアプリケーションを通じて収集した大量のデータを活用し、ライバルとの競争を阻害した疑いがあるとしている。27日にはグーグルの拠点の一部を調査したという。

ロイターは電子メールで、イタリアのグーグルの広報担当者にコメントを求めたが、現時点では回答はない。

業界データによると、イタリアのオンライン広告市場は昨年は33億ユーロ規模。バナー広告などディスプレー広告が約37%を占める。

トピックス

ランキング

  1. 1

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  2. 2

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  3. 3

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  4. 4

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  5. 5

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  6. 6

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  7. 7

    歌舞伎町 6万円もらい隠れ営業も

    國友公司

  8. 8

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  9. 9

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。