記事

キャンパスは立入禁止、実家にも帰れず…大学生の1割が「コロナうつ」になっている - 「文藝春秋」編集部

 7月以降、3カ月連続で国内の自殺者数が増加している。7月の自殺者は1818人で前年同月と比べて25人増、8月は1854人で251人増、9月は1805人で143人増だった。

 この背景には新型コロナによる生活の変化によるストレスがあると考えられる。「コロナうつ」という言葉があるように、外出自粛や先行きの見えない経済状況、在宅勤務などが心の負担となり、人々の心をじわじわと蝕んでいったのだ。

身寄りのない土地で友人も作れず、ひとり家の中で……

 特に大学生、それも新1年生はコロナによって大きな影響を受けた。新1年生の多くは入学と外出自粛期間が重なったため、9月になるまで半年間、大学に一度も登校できなかったくらいだ。オンラインで授業が行われていたものの、地元以外の大学に進学した学生は、身寄りのない土地で新しい友人も作れず、アルバイトもできず、1日の大半をひとり家の中で過ごすことになってしまった。


©iStock.com

 こうした状況は学生たちの心に大きなストレスを与えていたが、これまであまり可視化されなかった。そのため、社会からのフォローもなく、事態は水面下で悪化していったと考えられる。

 それを明らかにしたのが秋田大学が8月28日に発表したアンケート調査報告「全国緊急事態宣言による自粛が及ぼす大学生のこころとからだへの影響」だ。これによれば、回答者のなんと1割以上に中等度以上のうつ症状が見られたという。

武漢の医療従事者と同程度の“深刻な数字”

 調査を主導した同大学大学院医学系研究科衛生学・公衆衛生学講座教授の野村恭子氏が、学生たちの置かれた厳しい状況を伝える。

「秋田大学で実施した調査では、重度を除く中等度のうつ症状がアンケート回答者の7.8%に見られました。この数字はかなり深刻です。

 新型コロナが発見された武漢でも医療従事者1257人を対象に、私たちが用いたのと同じ評価指標による調査が1月下旬から2月初旬にかけて行われましたが、中等度のうつ症状が見られたのは回答者の8.6%でした。私たちが学生への調査で得たのと近い数字です。

 思い出していただきたいのですが、当初、武漢では、新型コロナがまだどんな性質のウイルスなのかわからず、感染するとかなりの確率で死亡すると恐れられていました。そうした極限状況の中で患者の治療に当たっていたフロントラインワーカーの人たちに迫る、1割近くの学生が中等度のうつの症状を呈していたのです。学生たちの心身の状態が悪化しているだろうとある程度は予想していたものの、これほど深刻だとは思いませんでした」

 新型コロナの感染が拡大した時期に世間の関心を集めたのは、店がつぶれる、仕事がなくなるといった瀬戸際で奮闘する外食、娯楽、観光などの産業だった。

 しかし、と野村教授は続ける。

家族への感染を恐れて帰省もできなかった

「それに比べれば、大学生はただ大学に行けないだけで大した影響は受けていないだろうと思われがちです。むしろ部活や飲み会でクラスターが発生したことを伝える報道によって注目されることの方が多いかもしれません。

 しかし大半の学生は真面目で、外出自粛、大学キャンパスへの入構禁止などの措置に素直に従っています。秋田県では6月19日に県外移動自粛措置が解かれましたが、それでも学生はほぼ全員、少なくとも夏休みまで実家に帰りませんでした。地元で親や祖父母に感染させてしまうことを心配したのです。その結果、学生たちの孤立する状況が長く続きました。

 人は孤立して、家族や知人などコミュニティからのサポートも得られないと、健康状態、精神状態が悪化する。これは先行研究で明らかにされている既知の事実ですが、私たちの調査でも、同じ傾向が浮き彫りになっています」

 秋冬になり、新型コロナの第三波が日本を襲う可能性もある。そうしたときにようやく対面授業が再開された大学がふたたび登校禁止へと舵を切るかもしれない。

 しかし、野村教授はオンライン授業へと戻ることに警鐘を鳴らす。

大人のリモートワークとはわけが違う

「大学生は中途半端に大人なので管理が難しいという面はあると思います。だから、全国で大学は一律オンライン授業という風潮になったのでしょう。しかし、その弊害はあまりに大きかった。特に、学生の半数以上が他県出身の地方の大学ではしかりです。大人がリモートワークをしているのとはわけが違います。

 18、19歳はまだまだ子供で、ガラス細工のように脆いのです。

 大人であればもう少し自分で動けたかもしれません。子供であればもう少し守ってもらえたでしょう。不幸にも大人と子供の間という微妙な年齢である大学生が最も厳しい状況に置かれてしまった。大学では、われわれ教員が経験したことのない事態が密かに進行し、1割もの学生がうつ状態に陥ってしまったのです。

 今後も何とか工夫をして対面授業を続けてほしいと考えています」

 年齢、性別、飲酒、運動習慣、相談できる存在の有無などうつ状態をつくるリスク因子の分析に踏み込んだ野村教授によるアンケート調査の詳細、秋田大学で行われているうつ状態の学生へのサポート、友人の異変を感じたときに何をするべきか、など、コロナ禍での大学生のうつをめぐる実情をレポートした「大学生の1割が『うつ状態』になっている」は「文藝春秋」11月号および「文藝春秋digital」に掲載されています。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年11月号)

あわせて読みたい

「大学生」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    音喜多氏がみた辻元議員のズルさ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  3. 3

    フォロワー160万人 AV女優の戦略

    NEWSポストセブン

  4. 4

    「大阪に比べ東京は…」医師指摘

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    岩田健太郎医師のGoTo批判に疑問

    かさこ

  6. 6

    日本モデルに再現性ない 報告書

    文春オンライン

  7. 7

    コロナ宿泊療養施設の処遇に呆れ

    猪野 亨

  8. 8

    ヌード講座判決 賠償命令の背景

    町村泰貴

  9. 9

    コロナ終息後に旅行業界は混乱か

    後藤文俊

  10. 10

    新ドラえもん映画の引き延ばし感

    fujipon

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。