記事
  • ロイター

中国、全国的な排出量取引制度の5年以内の導入目指す=政府高官

[北京 28日 ロイター] - 中国政府の気候変動対策の担当官は28日、全国的な排出量取引制度(ETS)について、2021─2025年の導入を目指すと述べ、制度導入が一段と遅れる可能性を示唆した。

同制度は、技術的な問題に加えて、排出量データの正確性や透明性を巡る懸念に直面している。第1段階として、今年中に電力セクターを対象に導入される計画だった。

生態環境省の環境対策部門トップ、Li Gao氏は記者会見で「中国の炭素市場は、地方のパイロットプログラムから全国的な取引制度へと発展し、単一セクターから複数の産業へと拡大されるだろう」と語った。

中国の全国的なETS構想は、温暖化対策の世界的枠組み「パリ協定」の2015年の採択に先立って習近平国家主席が打ち出した。

その後2017年に、全ての主要産業セクターを対象とした全国的なETSの導入が発表されたが、これまでのところ取引は行われておらず、関連する規制も発令されていない。

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  3. 3

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  5. 5

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    西村大臣「リスク低くても制約」

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  8. 8

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

  10. 10

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。