記事
  • ロイター

JR東、GoTo効果で旅客に戻り コスト削減で「来期黒字化へ」


[東京 28日 ロイター] - 東日本旅客鉄道(JR東)は28日、2021年3月期に連結営業損益が5000億円の赤字になるとの見通しを維持すると発表した。新型コロナウイルスの影響により、運輸事業を含めて全てのセグメントが影響を受けている。ただ、GoToトラベルの効果で足元の状況が改善しているほか、コスト削減も進め「来期は黒字化したい」(赤石良治常務)とした。

今回は業績見通しの上方修正には至らなかったものの、9月の4連休以降は「潮目が変わった」(赤石常務)としている。さらには、10月1日からのGoTo東京除外の解除も加わり「10月に入っても好調だ」という。

4―9月期の連結営業損益は2952億円の赤字(前年同期は2965億円の黒字)となった。ただ、9月16日に発表した3260億円の赤字予想に比べると、300億円程度上振れた格好だ。

東京除外の効果は含まれないものの、定期以外の鉄道輸送量や運輸収入は、4―6月期に比べて、7―9月期はマイナス幅が縮小している。

コスト削減は、今期1560億円を計画しており、来期に向けて、投資の見直しも進めていく。コロナ終息後も人の移動は元には戻らず、運輸収入は8割強止まりではないかとみており、できる限り固定費を削減していく方針だ。

20年4―9月期の売上高は7872億円(前期比48.2%減)で、9期ぶりの減収となった。また、営業損益、経常損益、純損益の全ての利益が初めて赤字となった。

21年3月期は、9月16日に開示した売上高1兆9300億円(前期比34.5%減)、営業損益5000億円の赤字(前期は3808億円の黒字)との見通しを据え置いた。リフィニティブがまとめたアナリスト12人の予想平均は3918億円の赤字だった。

(清水律子)

あわせて読みたい

「JR東日本」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  3. 3

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  4. 4

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  5. 5

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  6. 6

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

  9. 9

    感染拡大の深刻さを認めぬ菅首相

    おくの総一郎

  10. 10

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。