記事
  • ロイター

コマツ、今期予想上方修正 中国の建機需要の強さ「想定以上」


[東京 28日 ロイター] - コマツ<6301.T>は28日、2021年3月期(今期)の連結業績予想(米国会計基準)を上方修正したと発表した。営業利益は前期比46.6%減の1340億円となる見通しで、従来予想の1150億円から190億円上振れる。建設器械・車両部門の中国、日本、北米などでの需要が従来の想定を上回るほか、固定費削減などを織り込んだ。

修正後の営業利益予想は、リフィニティブが算出したアナリスト16人の予測平均(1387億円)を下回っている。

今期の売上高予想は同13.3%減の2兆1190億円と従来の2兆0680億円から上方修正。純利益予想も48%減の800億円と従来の670億円から引き上げた。

期末配当も従来予想の18円から7円増額し、1株あたり25円とする。第2・四半期末の配当は従来予想通りの18円。年間配当は前期実績からは51円減配となるが、43円とする。

油圧ショベルなど主要7建機の今期需要については、今期見通しを初めて公表した7月の時点では前期に比べ「20%減─10%減」と想定していたが、今回は「15%減─5%減」へと上方修正した。中国やオセアニアの需要が増加しているほか、その他の地域でも減少幅が大きく縮小しているため。

中国における主要7建機の需要は第2・四半期(7─9月期)は前年同期比42%増だった。引き続き堅調に推移するとみており、7月時点では「10%増─20%増」と見込んでいた今期の需要見通しを「30%増―40%増」へ引き上げた。

小川啓之社長は同日の電話会見で「中国の第2・四半期の需要が大きく伸びた。7月の見通しでも堅調に推移すると見込んでいたが、景気の回復により想定以上に需要が強い状況が続いている」と述べた。一方、新型コロナウイルス感染者が再び増えている欧州の影響は、今回の業績見通しに「織り込んでいない」と説明した。

同日発表した20年4─9月期連結決算(米国会計基準)では、営業利益が前年同期比57.5%減の603億円だった。売上高は同21.1%減の9577億円、純利益は58.6%減の372億円だった。建機・車両部門の売上高は、中国を除くすべての地域で減少。特に中国と日本を除くアジアや、北米などで大きく落ち込んだ。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  3. 3

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  5. 5

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    西村大臣「リスク低くても制約」

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  8. 8

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

  10. 10

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。