記事

「中国で一番有名な日本人」加藤嘉一氏の経歴詐称疑惑について

中国ウオッチャーの間で、今話題となっているのが、『週間文春』に掲載された「『中国で一番有名な日本人』加藤嘉一氏に経歴詐称疑惑」という記事です。

 ご存じない方もいるかもしれませんが、加藤嘉一氏とは、高校卒業後、単身北京大学に留学し、同大学で修士課程を修了した方で、その間中国語で様々な意見を中国向けに発表し、中国で話題となり、結果日本でも知られるようになったという方です。


1 記事の紹介

 元記事を読んでいただければそれで済む話ではありますが、掲載されている内容をまとめると、加藤氏には経歴詐称があったというもので、以下の様な指摘となっております

①東大合格疑惑

 彼はこれまで何度か、「東大に入学、もしくは合格したがそれを蹴り、北京大に留学した」と語っているが、合格した事実はなかった。

②公費留学生疑惑

 彼は自著で「日本の公費派遣留学生」と「中国教育部の費用で留学した」と2通りの記述をしており、矛盾している。

③北京大学朝鮮半島研究センター研究員

 自著で、「北京大学朝鮮半島研究センター研究員」の肩書きを記載しているが、北京大学には、こうした研究所は存在しない。

④慶応大学SFC研究所上席研究員

 自著で、「慶応大学SFC研究所上席研究員」との肩書が記載されているが、、「上席研究員」ではなく、「訪問研究員」でしかないのではないか。


2 中国での反応

 彼は今、ハーバード大学ケネディスクールにフェローとして在籍中で、日本にいないわけですが、彼の主な活躍場所は言うまでもなく中国で、正直中国での評判がどうなるかということが彼の今後に多大な影響を与えると考えます。

 というわけで、探したみたところ、何と中国国営の『新華網』が「加藤嘉一被日媒揭露伪造履历」という記事を掲載しており、他のところでもかなり大きく取り上げられておりました。

 そして、良くあるパターンですが、1つ悪いことが報道されると他の悪いことも報道されるというパターンになっており『搜狐網』では李雲勇という方の書かれた彼に対する批判を掲載しております(日媒曝加藤嘉一简历造假 称其从未考上过东大)。

 それなりに長い文章なので、一ヶ所だけ抜き出して紹介させていただきます。

 「中国に来た時、一字も中国語は知らなかったし、一言も中国は話せなかったし、お金は一銭も持っていなかった」(注:加藤氏が自ら書かれている内容)

 彼はこのような状態で北京大学で勉強したことに注意して下さい。私達はTOEFLやIELTS、奨学金や担保がない状態で、欧米諸国に留学できるだろうか。

 どうして彼は中国に来ることができたのか、2003年4月のSARSのピーク時に中国に来たわけで、言うまでもなく、不平等な制度を利用する者だ。


3 個人的感想

 何故、この文章を紹介したかというと、彼はどこの奨学金だかは疑問が残りますが、とりあえず奨学金をもらって中国に来たのは間違いありません。ところが、自分の紹介などでは、斯様にいろいろ誇張した言い方をしており、こうしたところが誤解を生みやすく、敵をつくりやすい原因ではないかと思った次第です。

 確かに彼の話す中国語を聞いてもかなり流ちょうですし、使っている中国語もかなり見事だと感心します。しかし、その一方で、どことなく話を誇張しているのではないかという胡散臭さが付きまとっています。

 実際、今回の経歴詐称はネット上ではかなり以前から出ていたもので、特定の方々の間ではかなり有名な話でした(「アメリカン・ドリームと日本の平等指向」のyou tubeをご覧下さい)。また、「胡錦涛もコラムの愛読者」などといった話もあり、いろいろ真偽の程が噂されておりました。

 それに、私自身、これまで何度か彼の書いたものを批判してきておりますが(「中国で一番有名な日本人」加藤嘉一氏の提案に対する疑問『琉球新報』の自衛隊不信と机上の空論)、正直、あまりレベルの高くないエッセーと思っております。

 ただ、彼を批判するにあたって難しいのが、彼がそれなりに成功しているために下手をするとやっかみと取られかねないことです。実際、上で批判を書いていた李雲勇氏も最初に、彼が北京大学で、学士・修士を修了したことに言及しておりますが、「それが羨ましいのだろう」とも言われかねません。

 確かに中国で意見を発表することは様々な制約があり、批判も多いわけで、それでも頑張ってここまで来られてことは尊敬に値しますが、先に書いたように自分を良く見せようとする意識が強いことや、実際書かれているものの内容があまりないこと等から、やはり私はあまり彼のことを好きにはなれません。

あわせて読みたい

「TOEFL」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

  2. 2

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  3. 3

    ジェンダー問題の被害者?“おじさん上司”にも存在する生き辛さ

    ABEMA TIMES

    05月17日 09:23

  4. 4

    企業でいえば万年課長 大臣の一言でいつでも飛ばされる官僚はつまらない商売か

    ヒロ

    05月17日 10:54

  5. 5

    ようやく減りだした東京の感染者数 人流抑制は変異株に有効か

    中村ゆきつぐ

    05月17日 08:31

  6. 6

    石橋貴明の始球式が“神対応”と話題 若者ファンが急増のワケ

    女性自身

    05月17日 13:22

  7. 7

    東京オリンピック 強行しても拭えない「穢れ」の印象

    柴那典

    05月17日 08:16

  8. 8

    本仮屋ユイカ 有村騒動で涙…1ヵ月半で破綻した信頼関係

    女性自身

    05月16日 22:58

  9. 9

    都議選2021の争点は「表現の自由」が熱い!東京都の不健全図書指定について、具体的な改善策を提起する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月17日 10:06

  10. 10

    東京の大規模接種 不具合で期間外の予約受け付け 772回の予約は有効に

    ABEMA TIMES

    05月17日 20:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。