記事

「MeTooも関係ねえ」トランプと不倫関係にあったスター女優の末路

1/2

※本稿は、横江公美『隠れトランプのアメリカ コロナ感染から奇跡のカムバックでトランプが勝つ⁉』(扶桑社)の一部を再編集したものです。

2020年10月26日、ホワイトハウスのブルールームのバルコニーで、最高裁判事に就任することを宣誓したエイミー・コニー・バレット判事(右)に向かってジェスチャーをするドナルド・トランプ米大統領(左)。
2020年10月26日、ホワイトハウスのブルールームのバルコニーで、最高裁判事に就任することを宣誓したエイミー・コニー・バレット判事(右)に向かってジェスチャーをするドナルド・トランプ米大統領(左)。 - 写真=EPA/時事通信フォト

ミレニアル世代の7割近くがマリファナ合法化を支持

今はミレニアル世代の時代である。2000年以降に成人した人たちが主役だ。

2014年にシンクタンクのピュー研究所が発表したレポートでは、より具体的に「1981~1996年」に生まれた人をミレニアル世代と定義づけている。この世代は物心ついたころには、パソコンやスマホなどのデジタル機器が身近に溢れていたデジタルネイティブだ。情報収集はインターネットというよりもSNSが中心で、広告よりもインフルエンサーの口コミを信用する。

自らもSNSでの発信に積極的で体験を共有することを好むため、モノに対する執着が薄く、体験にお金を使う傾向がある。そのため、インターネット上のプラットフォームを利用して自分や他人の資産を共有するシェアリングエコノミーや、サービス・商品の“所有”ではなく継続的な利用や体験を実現するプラットフォームとしてサブスクリプションを好む。

こうした特徴から個人の自由や多様性を尊重する傾向にあり、同性婚の合法化やアメリカに入国済みの不法移民を許容する割合は他の世代と比較して最も高い。前出のピュー研究所のレポートには「4割弱がタトゥーを入れている」という話や7割近くがマリファナの合法化を支持しているという記述もある。

シンボルは、マーク・ザッカーバーグ

さらにミレニアル世代は他の世代に比べて両親との距離が近く、家族関係が良好だとされる。質実剛健なお父さんを中心とした「古きよき時代」の家族像とは大きく異なる。おのずと、政治信条は共和党よりも民主党寄りという人が多くなる。そんな彼らにとって、オバマこそが「多様性あるアメリカ」を象徴するリーダーなのだ。

一方でミレニアル世代のシンボルとなっているのは1984年生まれで同世代のマーク・ザッカーバーグだ。言わずと知れたフェイスブックの共同創業者兼CEOである。誰もが発信者となりうるSNSを広め、世代・人種・国籍・ジェンダー・出自などに関係なく人々が繋がりを深めるプラットフォームをつくりあげた。ミレニアル世代の考えを体現した人物だ。

そのザッカーバーグは2017年5月に行ったハーバード大学卒業式でのスピーチで、ミレニアル世代について次のように語っている。

「私たちミレニアル世代は、自分だけが目標を持って生きることだけでは満足しない。誰もが目的を持てるようにすることを私たちは目指している」

ネットワーク上の繋がりとコミュニティを大事にし、人々と協力して問題解決に当たることを求めるミレニアル世代を端的に表現したのだ。

多様性に不寛容なトランプとは相容れない

しかし、多様性を受け入れるミレニアル世代も時に分断を生む。多様性に不寛容な人々との衝突だ。トランプはその間隙を縫って、大統領の座を手にしたと考えられる。

トランプは多様性を否定する象徴のような人物だ。2016年の大統領選挙中には「多額の医療コストや混乱を負担できないので、トランスジェンダーの従軍は認められない」とツイッター上で発信した。オバマ政権では1972年教育改正法第9編(タイトルⅨ)における性差別に関して「トランスジェンダーを含む性自認に基づく性別に対する差別にも法が及ぶ」とガイドラインをつくったが、トランプはその撤廃に動いていたことが報じられ、大きな反発を受けた。

2019年1月からは道徳的・宗教的信念を理由にした医療サービスの拒否を医療・保険事業者に認めることで、LGBTQ+患者への差別を助長したとも言われた。「公民権法の規定は性的マイノリティに及ばない」という主張も続けてきた。

このほか、2016年大統領選中にはメキシコからの移民を「麻薬や犯罪を持ち込む強姦犯だ」と罵っていたことはご存じだろう。メキシコとの国境に壁を建設して、不法移民を排除するとも主張してきた。

「オバマのアメリカ」で育ったミレニアル世代には到底受け入れられない姿勢だ。当然、多様性を求める民主党支持者も受け入れない。トランプの差別的な言動が逆風となるのは当然と思われた。

実際、大統領選挙の一般投票ではオバマが当選した2008年から2012年、2016年と民主党は“3連勝”を果たしている。だが、トランプはラストベルトの労働者の心を掴むことで民主党支持の青色州を“赤く”塗り替え、共和党の地盤は着実にものにするという戦略で選挙人獲得数ではヒラリーを大きく上回ることに成功したのである。

オバマ政権以降、多様性が浸透するなかで、その多様性の容認によって移民や外国に仕事を奪われた人たちの支持を獲得したことがトランプの勝利に繋がったと言える。

ヒラリーは時代を読む目と戦略に欠けていた。前出のピュー研究所によれば、ミレニアル世代の人口は7000万人を超え、アメリカの総人口の22%を占める。アメリカ国勢調査局が定義する1982~2000年生まれをミレニアル世代とすれば、人口比率は26%にも達する。だが、当時の世論調査を見ると、ミレニアル世代はヒラリーをオバマの後継者として受け入れなかったことがわかる。

誇りを持って走る
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/bojanstory

政治に対する期待をあまりもっていない

ミレニアル世代は成人と前後して2001年の「9.11」テロを経験している。2007年にはサブプライムショックに伴う不動産バブルの崩壊を目の当たりにし、2008年にはリーマンショックが直撃した。他の世代に比べて、若年期に失業した経験が高いとされている。

テロの脅威と金融恐慌を若くして経験したため、ミレニアル世代はそもそもアメリカ経済の先行きには悲観的で将来に対する不安を抱えやすい世代とも言える。そのため、政治に対する期待は薄いとされる。アメリカの世論調査機関グリーンバーグ・クィンラン・ロズナー(GQR)の今年の報告書によると、35歳未満の有権者の過半数が今回の大統領選挙での投票について「熱心でない」と報告されている。政治に対する不信感を鬱屈させた世代なのだ。

実際、2016年大統領選挙でのミレニアル世代の投票率は51%で、一つ上のX世代(1965~1980年生まれ)の63%、さらに上のベビーブーム世代(1946~1964年生まれ)の69%、沈黙世代(1928~1945年生まれ/騒々しいベビーブーム世代との対比でこう呼ばれた)の70%と比較すると大幅に低い。だが、民主党が勝つためにはここの票が必要になる。歳を重ねるごとに共和党支持者が多くなるからだ。2008年オバマが誕生したのは、ミレニアル世代の票差でライバルを圧倒したからだった。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  5. 5

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  6. 6

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  9. 9

    在宅勤務でも都心に住むべき理由

    PRESIDENT Online

  10. 10

    脆弱な医療体制に危機感ない政府

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。