記事

「大いなる謎」室内のドームで野球はOKで、屋外のマラソンはNGの理由

1/2

「バーチャルマラソン」が盛況だ。スマホアプリを使って、参加者それぞれが自由なコース・スタート時間で走る。スポーツライターの酒井政人氏は「各地のマラソン大会が中止・延期になったことによる反動ですが、トップ選手や箱根駅伝の調整に影響が出るおそれがある。そもそも、なぜドーム球場での野球はOKで、屋外でのマラソンはNGか。コロナ対策という名の規制は、果たして適切なのか」と苦言を呈する――。

ランナー
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Kamaga

東京マラソンも延期、大規模マラソンはいつから開催できるのか?

来たる2021年のことを想像して、笑顔になる市民ランナーはほとんどいないだろう。

別府大分毎日マラソンは21年2月7日に予定していた第70回大会の延期を決定。22年2月6日に日程変更した。実行委員会によると、「新型コロナウイルス感染拡大の収束の見通しがつかず、選手及び関係者の感染防止を徹底できないこと」などが延期の理由だった。同マラソンは参加資格の基準が高く、市民ランナーにとっては“憧れの大会”だけに、ショックを受けた本気ランナーは少なくないだろう。

そして、東京マラソンも21年3月7日の実施を断念した。今年はエリートの部のみで開催したが、コロナ禍によってスポンサー収入が減少。21年10月17日に開催することで、約3万8000人の定員を減らさないかたちを目指すという。

政府はスポーツイベントの人数上限を11月末まで50%としており、12月以降のあり方は検討中だ。来夏に延期した東京五輪までは、スポーツイベントでクラスターを発生させるわけにはいかないという必死さを感じさせる。

急増中マラソンの「バーチャル大会」とは

リアル大会は延期される別府大分毎日マラソンだが、後述するようなスマートフォンアプリを活用した「リモートマラソン 別大チャレンジ2021」(仮称)を開催予定。東京マラソンも、21年3月上旬に1週間かけて、世界各国から参加可能なバーチャルマラソンや都内におけるランニングイベントを実施する予定だ。

例年この11月に開催される参加者1万人以上の大規模フルマラソン大会(富士山、金沢、ぐんま、いびがわ、横浜など)も今回はオンラインでの開催に変更した。

このように最近はバーチャル大会が急増している。多くの場合、「TATTA」など指定されたスマホアプリを使用。GPSでの計測になるため、スタート時間、コースなどはランナー自身が自由に選ぶことができる。開催期間も1~4週間と長いのが特徴だ。リアル大会のエントリー費(フルマラソン)は1万~2万円が相場だが、オンライン開催は通常の1~2割に設定している大会が多い。

11月22日には全国初となる「オンラインLIVEマラソンJAPAN」も開催される。同日同時刻に全国一斉に参加者がスタートするイベントだ。走っている人自身は観られないかもしれないが、開会式、ウォームアップ、途中経過、表彰式をスタジオからLIVE配信するという。通信環境のよい走行可能なコースならどこを走ってもOKで、全国のランナーとつながることができるのはなかなか面白い。5kmごとに、自分のタップと順位がリアルタイムでスマホに表示される。参加費は1500円で、定員は5000人だ。

昨年まではごくわずかだったバーチャル大会がコロナ禍で急成長を遂げている。しかし、沿道から多くの声援が送られる中、同じゴールを目指す仲間たちとともに、道路のど真ん中を堂々と走りたいというランナーの欲求は消えることがないだろう。

世界初となるマイボトル・マラソンが開催予定

ただ、ありがたいことに、最近はリアル大会も少しずつ開催されるようになってきた。

スポーツイベントのタイム計測を行っている計測工房の調査によると、コロナ前の2019年は国内で参加者5000人以上のマラソン大会は161大会あり、そのうち1万人以上は66大会あったという。コロナ後は大半が中止や延期に追い込まれたが、その流れが少しずつ変わってきている。

12月13日にはホノルルマラソンが開催予定。例年と異なり、定員を設けているものの、フルマラソンは前年の参加者より約4000人少ない2万人(日本受付は1万人)だ。ただし、アメリカ合衆国、ハワイ州、ホノルル市・郡、その他の公的機関の判断・指示に従い、内容を変更する可能性があるという。

国内では数百人規模のレースは徐々に行われていたが、いよいよ1万人オーバーの大規模マラソンが開催されることになる。その先陣を切るのが、21年2月28日に開催予定の湘南国際マラソンだ。当初は12月6日に予定していたが、新型コロナウイルスの状況から延期した。コロナ対策だけでなく、自然環境の課題とも向き合い、「新スタイル」のレースを目指している。

今回は3密を避けるために、コロナの収束状況から走行距離とスタートの時間幅を調整(状況悪化に応じてスタート時間幅を長くして、走行距離を減らしていく)。

フルマラソンで実施できる場合はスタート時間幅が30分、35km実施なら同2時間、30kmなら同2時間30分、25kmなら同3時間、20kmなら同4時間という具合だ。なお開催可否は12月10日に判断して、中止となった場合は振込手数料を除き全額を返金する。

またマラソン大会には欠かせない「給水」もコロナ対策と地域環境のために、大胆な方式を取り入れる。通常の大会はスタッフが使い捨てカップに水やスポーツドリンクを注いだものをテーブルに置いて提供するが、今回はランナーが“マイボトル”や“マイカップ”を持参。コース上に500カ所以上あるジャグ(給水器)から、自分で水やスポーツドリンクなどを確保する“新給水”となる。大会事務局によると、世界初の「マイボトル・マラソン」になるようだ。

あわせて読みたい

「マラソン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  4. 4

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  6. 6

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  7. 7

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  8. 8

    飲食店のBGM 感染を助長する恐れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    コロナ起源は輸入冷食 中国主張

    ロイター

  10. 10

    張本氏 坂本勇人は図に乗ってる

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。