記事

《冨山和彦インタビュー》コロナショック最悪の「L・G・Fシナリオ」に日本経済は持ち堪えられるか? 冨山和彦インタビュー #1 - 冨山 和彦

 “コロナショック”の影響は日本経済にどこまで広がるのか――。コロナ倒産が30万社を超えるとの推計もある中で、経済の先行きの見えない状況が続いている。私たちはどんなシナリオを想定して備えるべきなのか。

【画像】冨山氏が理想とする「コロナ後も勝てる組織」の具体例

 著書『コロナショック・サバイバル 日本経済復興計画』(文藝春秋)がベストセラーとなった経営共創基盤(IGPI)グループ会長で、日本航空など数多くの企業再生にかかわってきた冨山和彦氏に聞いた。(全2回の1回目/後編へ続く)

冨山和彦氏 ©️文藝春秋

日本経済は「3段階で重篤化する」

――5月に発売されて以来、版を重ねている著書『コロナショック・サバイバル』のなかで、冨山さんは「史上最大の経済恐慌を回避せよ」と警鐘を鳴らしました。執筆からおよそ半年が過ぎて、日本経済はどのような局面を迎えているのでしょうか。

冨山 いたずらに危機感をあおるのはよくありませんが、私が想定した最悪シナリオに少しずつ進んでいるように見えます。

 本の中で、初めに打撃を受けると予想したのは、地域に根ざしたサービス産業などのローカル経済(L)です。コロナ禍のさまざまな行動制限によって、観光、飲食、エンタメ、生活必需品以外の小売業などを中心に打撃を受けました。現在の日本では、働く人の約8割がこのL型産業に従事し、GDPの約7割を占めています。

 第2の波を受けるのは、自動車、電機など海外市場にも製品を供給している大企業のグローバル経済(G)です。自動車のような耐久消費財は、大多数が買い替え需要なので、危機が訪れたら数年は買い控えられてしまう。急激な消費停滞によって需要消滅のショックを受けたのです。

 そして第3の波を受けるのが、経営難の企業を資金面で支えてきた金融機関などのファイナンス領域(F)です。売上減が数週間で終われば、企業は資金繰り融資でなんとか凌げるでしょうが、それが半年、1年になれば返済能力が弱まり、金融機関のバランスシートが傷みだします。そこから大規模な金融危機に至り、日本全体の経済システムが壊れる恐れもあります。

 つまり、日本経済の重篤化は「L→G→F」の3段階で進む。金融サイドで始まった2008年のリーマンショックとは全く順番が逆です。

 実際に、業種によって濃淡はあるものの、L型産業は人々の外出が減ったことで大打撃を受け、G型産業は欧米市場が落ち込んだままで回復の見通しが立ちません。Fのほうは、政府の無利子融資制度や補助金、助成金などで、なんとか危機の顕在化を防いでいるといった状況です。破壊的な危機が見えないだけで、実態はかなりひどい状態になっています。

巨大なバブル? 金融の世界も未知の領域に

――実体経済が打撃を受けながら株価はそれほど落ち込んでいませんが、この危機が続くと、「いつまで日本経済は持ち堪えられるのか?」という疑問がわきます。

冨山 リーマンショックでは、株式市場など経済システムの本丸が壊れたので、元に戻すのが大変でしたが、コロナショックはそこが壊れたわけじゃない。経済システムは動く分、各国の政府と中央銀行がお金をたくさん刷る量的緩和策で、ここまではなんとか支えられています。

 ただし、副作用もある。お金を世に出しても資金需要はないから、貯金や投資にまわってしまう。株価も、土地の値段も思ったほどは下がらないし、むしろゴールドのように値が上がっているものもある。美術品なども値上がりしているでしょう。

 これは予想されていたことですし、そもそも日本は、株式や土地といったストック(資産)はインフレ、経済活動のフロー(収入/支出)はデフレというアンビバレントな状況がずっとつづいていました。いわゆるバブルなのです。コロナショックによって、バブル傾向が世界的に広がり、慢性化しつつあると考えると分かりやすい。

 そんな状況ですから、「お金を刷りつづけたら財政が悪化して、通貨の信用が失われてしまう」と心配する声も挙がっていますが、「いまのところそういう気配はありません」としか言いようがない。それが安定的均衡なのか、巨大なバブルなのかは、まだ誰にもわからないんですよ。つまり新型コロナによって、私たちの暮らしがニューノーマル(新常態)になったのと同じように、金融の世界も、未知の「ニューノーマル」に突入しているのです。

中国頼みはもう通じない

――リーマンショックのときは、拡大する中国市場に頼って世界経済は回復しましたが、冨山さんは今回の危機について「中国頼みの回復に大きくは期待できない」(『コロナショック・サバイバル』)と書かれています。

冨山 中国は、10年前と比べて少子高齢社会に入って人口ボーナスが消えていますし、格差拡大によって中産階級の購買力が失われています。日本の自動車メーカーは中国市場を頼みの綱にした“一本足打法”ですけど、今後はどこまで期待していいかはわかりません。

 そういう中国市場の動向もあって、新型コロナが流行する前から「世界は長期の不況モードに入る」との予測は聞かれました。もともと世界的に成長力が弱まっていたところへ、コロナショックがドーンときたわけです。

 では、この苦境の中で、日本企業をどうやって回復基調に乗せるかといえば、やはり生産性を向上させることです。コロナショックによって、生産性の上昇率も下がっています。いま求められているのは、その場しのぎのコロナ対策を超えて、日本企業の生産性を高めて、その果実を一般の人々に広く分配することです。企業の生産性が高まっても、従業員の給料が増えなければ、市場の購買力は弱いままです。

 一部のお金持ちがさらに儲けても、経済はよくなりません。“世界一の投資家”ウォーレン・バフェットがいくらコーラが好きだといっても、1日に100本は飲めませんから。みんなで豊かになったほうが、コーラの売上は伸びる。経済格差の拡大は、倫理的な問題として議論されがちですが、消費の停滞を招くという経済問題につながります。

 中国のような有望な市場がない以上、コロナ後の経済回復では、どうしても「生産性の向上」と「果実の分配」が重要となってきます。

――マスコミでは「コロナ倒産」「コロナ廃業」の件数が伸びて、大きな問題として取り上げられています。

冨山 日本では、企業の倒産や廃業がものすごく悲惨な出来事として扱われます。その一方で、創業数百年の老舗企業がもてはやされる。数百年つづく企業は確かに立派ですが、だからといって倒産や廃業が悲惨なことではありません。

 市場がなくなった産業、環境適応できない企業が退いて、新しい産業と企業が登場する。市場はその繰り返しで成り立っています。産業の新陳代謝は、大昔から繰り返されてきました。

コロナショックをチャンスにするには?

――しかし、日本では倒産や廃業にネガティブな印象が付きまといます。

冨山 そもそも「企業」という法人格は、法律上のフィクションです。倒産や廃業に心を痛めるのは、日本人らしい擬人化で、海外ではそこまで悲惨なことではありません。

 もちろん、経営者が倒産で再起不能になったり、従業員と家族が路頭に迷ったりするような事態は防がなくてはいけません。でも、セーフティネットさえしっかりしていれば、コロナショックによる倒産や廃業も、産業の新陳代謝がスピードアップしたともいえます。ですから、倒産件数ばかりを気にする必要はないのです。

 バブル崩壊後、日本経済が“失われた30年”を過ごしてしまったのは、そのような産業の新陳代謝が遅れたことが最大の原因です。日本企業が、この破壊的イノベーションを避けた結果、国際競争力が弱まり、グローバル競争で苦しい戦いを強いられた。

 コロナショックで経営不振に陥り、お客さんから惜しまれながら廃業したお店はたくさんあります。そういうお店は、また環境が変われば、復活する可能性は十分にあります。経営者に意欲さえあれば、さらに工夫を凝らして再起し、よりよい店をつくることはできる。そういう生まれ変わりも含めて新陳代謝が進めば、コロナ後の日本経済はより豊かなものになるはずです。(後編へ続く)

DX加速のニューノーマル時代に“半沢直樹的”日本組織が捨てるべきモノ《冨山和彦インタビュー》 へ続く

(冨山 和彦/Webオリジナル(特集班))

あわせて読みたい

「日本経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  3. 3

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  4. 4

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  5. 5

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    小林麻耶 実母が海老蔵宅に避難?

    SmartFLASH

  7. 7

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  8. 8

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

  9. 9

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

  10. 10

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。