記事

「相手の話をきく約束ですよ。いいですね?」「だって…」「理由を聞いたんじゃありません!」米国大統領選挙の討論会でトランプが見せた“駄々っ子”ぶり ――言霊USA「Stand back and stand by.(いったん下がって待機せよ)」 - 町山 智浩

1/2

 連邦最高裁で、国民の平等と自由を守るために戦ってきたルース・ベイダー・ギンズバーグ判事の棺は、連邦議会議事堂に安置されることになり、一時安置されていた最高裁に全米から彼女を惜しむ人々が訪れたが、9月24日、棺の周りで激しいブーイングが湧き上がった。

【画像】最高裁判事候補の指名を急いだのは、選挙で負けても「不正投票だ」と最高裁に勝敗を委ねるため?

 トランプ大統領が現れたからだ。彼はギンズバーグの死が報じられたその日に、すぐに欠員を埋めると宣言した。保守系判事6対リベラル系判事3で最高裁を多数支配しようというのだ。というのも、11月の大統領選挙で自分が負けた場合、投票に不正があったとして最高裁に勝敗を委ねるため。


トランプ大統領 ©JMPA

 26日、トランプは判事候補にエイミー・コニー・バレットを指名した。彼女は48歳、史上最年少の最高裁判事になる。なにしろ2017年に連邦控訴裁判所で働き始めてから約2年11ヶ月しか判事としての実績がない。ギンズバーグは控訴裁判所判事を13年務めてから任命されたのにね。

 バレットが選ばれたのは熱心なカトリックだから。中絶どころか避妊にも反対しており、自らも5人の子供を生んでいる。また、保守的カトリックだった最高裁判事アントニン・スカリア判事の実務官として彼の「原意主義」を引き継いだ。それは「憲法を書いた者が意図した以上の拡大解釈をしない」主義で、建国当時は白人成人男子の納税者だけに認められていた人権を女性や他の人種にも拡大していくリベラルな憲法解釈に真っ向から反対するものだ。バレットが判事に加わった最高裁は、人工中絶や同性婚、オバマケアなど、ギンズバーグが守ってきた国民の権利を次々に抹消していくだろう。国民の3割を占める保守的キリスト教徒は大喜びだ。トランプはこれで彼らの票を獲得できる。投票日46日前のギンズバーグ死去は、トランプにとって棚ぼただった。

 悪運強ええ……と思ったが、翌27日、ニューヨーク・タイムズ紙が「トランプは過去15年間のうち10年間は所得税をまったく納めていない」とすっぱ抜いた。大統領選に勝った2016年の納税額はわずか750ドル(約8万円)だった。うちの娘がインターンで稼いで払った税金より少ないぞ!

「フェイク・ニュースだ!」トランプはいつものようにツイートしたが、反論のために納税記録を公開するわけでもないし、2016年の大統領選でも納税額を追及されて「減税のための手段がいろいろ法律で認められているから使っただけだ」と白状している。さらに息子二人が弁護するつもりで「給与税や不動産税は納めている」と言ってしまったので、所得税を払ってないのは事実だろう。

学生時代の成績でバイデンをなじるも、絶対に自分の成績には触れないトランプ

 そして29日、民主党のジョー・バイデン候補と最初の討論会。司会は保守系テレビ、FOXニュースのキャスター、クリス・ウォレスだが、7月のインタビューでトランプが「バイデンは警察を解体するそうだ」と言った時、「彼は言ってません」とウソを指摘されて恥をかかされてから、トランプに敵視されている。

 死者20万人を超えたコロナ対策についてバイデンが「トランプは2月の時点で恐ろしさを知りながら何もしなかった。人命より株価を気にしてるから。もっと利口にならないと」と言いかけるとトランプは「利口なんて言うな! 貴様は学校じゃビリだったくせに!」と畳み掛けた。70過ぎて学校の成績で相手をなじるのも珍しい。ちなみにトランプは顧問弁護士(当時)マイケル・コーエンを使って「成績を漏らしたら訴えるぞ」と母校を脅していた。

 また、バイデンが、トランプが戦死者を「負け犬」と呼んだ件について、バイデンの長男ボー(脳腫瘍で死去)がイラク戦争の英雄だったと語り始めるとトランプは「ボーのことは知らないが」と割り込み、「次男のハンターはコカインで軍隊クビになったんだろ」と言い始めた。クビではないが除隊したのは事実なのでバイデンが「今は中毒を克服した」と言うとトランプは「次男は中国で金稼いでるらしいじゃないか」と食い下がって、戦死者を愚弄した件を有耶無耶にしてしまった。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  3. 3

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  4. 4

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  5. 5

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    小林麻耶 実母が海老蔵宅に避難?

    SmartFLASH

  7. 7

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  9. 9

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

  10. 10

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。