記事
  • SmartFLASH
  • 2020年10月28日 11:17 (配信日時 10月28日 06:00)

田代まさし「糖尿病とも闘ってるんだ」意識を失い救急搬送され、収監延期のいまを告白

 2019年11月に覚醒剤取締法違反の罪などで逮捕、起訴された田代まさし(64)。2020年7月に、懲役2年6月(うち6カ月は保護観察付き執行猶予2年)とする判決が確定している。

 本来であれば、すでに収監されているはずの田代だが、3カ月たった今もなお、刑に服していないという。取材に訪れると、関東某所にある小さな釣り堀で、“しゃば” の空気を惜しむように、ゆっくりと釣り糸を垂らす田代の姿(冒頭の写真)があった−−。

「2020年8月6日に収監される予定でしたが、その2日前に体調を崩して、救急搬送されたんですよ。検査の結果、普通の人なら70〜100程度の血糖値が、670と異常に高い数値で、即入院しました。完全に、糖尿病です。

 疲労が溜まると膝の下がすごく痛んだり、目が突然悪くなったりと、糖尿病の合併症が出ています。『収監は病状が落ち着いてから』ということで、延期してもらっていました。治療を経てやっと血糖値が安定したので、ほどなく刑務所に行きます」

 田代が薬物で逮捕されたのは、今回で4回めだ。

「僕は中学生のころに、軽い気持ちでシンナーを吸っていましたが、やめられたんです。だから、覚醒剤も簡単にやめられると思っていました。でも、甘かったです。

 逮捕されると毎回、『これでまた、世界中から敵視される』『テレビに出られなくなる』『信頼してくれていた人たちに、どう謝ろう』なんてことで、頭がいっぱいになります。

 でも一方、以前お世話になった薬物依存症のリハビリ施設『ダルク』では、『薬物依存症は、WHОでも認めている病気の一種だから、治せばいい』と教えてもらいました。自分の意思だけでどうにかできるものではないから、またイチから治療を頑張ろうと思うんです」

 初めて逮捕された2001年以降、薬物をやめていた期間もある。

「最初の逮捕のあとは1年半、2回めの逮捕のあとは3年間、3回めの逮捕の後は5年間と、やめられた期間が少しずつ延びているんです。こんなことを言うと『お前、反省してないだろ!』って言われちゃうと思うけれど、薬物依存症は、一生続くんです。そのなかで少しずつ、勝てるようになってきたんですよ」

 これからは刑務所の中で、「薬物依存症」と「糖尿病」という2つの病魔と闘っていくことになる。支援者へのメッセージを求めると、田代は「キツい質問だな」と苦笑しつつ、こんな言葉で締めくくった。

「そりゃ、本音をいえば刑務所には行きたくはない。過酷な環境だからね。子供たちを裏切ってしまったのも、つらい。何を言っても『どうせまたやるんでしょ』と言われたら反論もできません。これまで何回も、何回も、裏切っているんですから。だから、今後も裏切ってしまう可能性は完全には否定できません。

 でも、最大限努力します。そして出所したら、薬物の怖さを伝えたい。俺ほど説得力ある人、いないでしょ(笑)。だからもう少しだけ見守ってください」

 田代の厳しい闘いは、これからも続く。

(週刊FLASH 2020年11月10・17日号)

あわせて読みたい

「田代まさし」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。