記事
  • ロイター

米コロナ対策の実現、大統領選後の公算=トランプ氏


[ワシントン 27日 ロイター] - トランプ米大統領は27日、追加の新型コロナウイルス経済対策の実現は11月3日の大統領選後になる公算が大きいとの見方を示し、民主党のペロシ下院議長が合意を妨げていると改めて批判した。

トランプ大統領は記者団に対し「選挙後にこれまでで最高の刺激策を打ち出す」と述べた。

また「国民は刺激策を得るべきであり、協議は続ける。だがペロシ氏は、民主党が握っている運営が悪い犯罪だらけの市や州を救済することしか関心がない」と主張した。

ホワイトハウスのファラー報道官も同日、追加コロナ経済対策について、「今後数週間内」に合意に至る可能性があると述べ、11月3日の大統領選前の合意に懐疑的な見方を示した。

FOXニュースとのインタビューで、州や地方自治体への追加援助や個人への直接支援を巡り、依然として意見の隔たりがあると指摘。「今後数週間で何かが得られると確信している」と語った。

その後、マクナニー大統領報道官はFOXビジネス・ネットワークに対し、民主党のペロシ下院議長が過度な要求をしていることから、大統領選前にコロナ対策で合意できる可能性は「わずかだ」と述べた。

一方、ペロシ氏は民主党下院議員への書簡で、メドウズ大統領首席補佐官が週末に、新型コロナを制御することはしないと発言したことに言及。「ホワイトハウスとマコネル上院院内総務は(コロナ対策を)拒否してきた。その理由をメドウズ氏が25日に明かした」と指摘した。

その上で「マコネル氏が押している(協議の)一時停止ボタンから手を離させることができて初めて、大統領の言葉は意味を持ってくる」と語った。

*内容を追加して再送します。

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  3. 3

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  4. 4

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  6. 6

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    感染拡大の深刻さを認めぬ菅首相

    おくの総一郎

  9. 9

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

  10. 10

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。