記事
  • ロイター

人民元基準値の設定方法変更、CCF撤廃 人民銀が確認


[上海 27日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)傘下の中国外貨取引センター(CFETS)は27日、日々公表する人民元の基準値(中間値)の設定に参加している銀行が、設定に組み込まれている調整措置の「逆周期因子(カウンターシクリカルファクター、CCF)」の利用を停止したと確認した。

ロイターはこれに先立ち、2人の関係筋の話として、人民銀がCCFを中立にしたと報じていた。アナリストの間では、こうした動きは人民元相場の若干の下落の容認につながるとの見方が出ている。

CFETSは声明で、透明性の促進に向け、基準値設定モデルを変更すると表明した。

人民元はここ数カ月、海外からの資本流入や経済ファンダメンタルズの改善で対ドルで上昇。国内市場の元<CNY=CFXS>は5月下旬以降、対ドルで6%超上昇している。

ロイターの報道を受け、オフショア人民元<CNH=D3>は対ドルで約0.2%下落し、6.7236元と、約2週間ぶりの安値を付けた。

中国は2017年にCCFを導入。その後、市場情勢に対応し、人民元相場を安定的に保つために、設定方法を繰り返し調整してきた。

一部のアナリストは、CCFは通貨安の圧力軽減に向けた措置だったため、人民元相場の上昇を受け効果は低減しており、今回の決定は予想外ではなかったと指摘。

ANZのアジア調査部門責任者、Khoon Goh氏は「通貨安の懸念がなくなった今、CCFの撤廃は理にかなう。人民元相場の下落を積極的に追求することを必ずしも意味しているわけではない。単にこうしたツールが不要になったということだ」と指摘。経済ファンダメンタルズや、中国とその他の主要国との金利差を踏まえると、人民元への資金の流入は継続するとの見方を示した。ANZは基準値の設定に参加していない。

*情報を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  3. 3

    立ち食いやきそば コロナで閉店

    田野幸伸

  4. 4

    簡単に休業要請 橋下氏「最悪」

    橋下徹

  5. 5

    医療崩壊危惧のワケ 医師が解説

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  7. 7

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  8. 8

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  9. 9

    秋篠宮さまにみる結婚反対の本音

    女性自身

  10. 10

    無策の菅政権「日本危なくなる」

    畠山和也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。