記事

やはり、国民民主党は独立会派になってよかった

それにしても玉木さんはよく踏みとどまったものだ。

玉木さんまで立憲民主に行ってしまうと、中道改革を志向しておられた国民民主の穏健保守の方々が総崩れになってしまいかねなかった。
国民民主党の分党を見事に成就させて新国民民主党を誕生させ、しかも自らは新国民民主党に所属することを選択されたのだから、新国民民主党はやはり玉木さんを中心にして党勢拡大を目指すべきだろう。

立憲民主党から多少虐められたような印象があったが、晴れて衆議院で国民民主党・無所属の新会派の設立が認められたようである。

立憲民主党との会派を続けていれば、どうしても所属国会議員の数が多い立憲民主党の執行部の言いなりになるしかなかった。

まずは独立会派になってよかったですね、と申し上げておく。

支持率が一挙に上向くことはないだろうが、少なくとも野党の間で埋没する虞はなくなった。

これからの活躍次第である。

国民民主党が提案型政党に徹すれば徹するほど、野党の中で国民民主党の存在は重くなるはずである。

あわせて読みたい

「玉木雄一郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  5. 5

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  6. 6

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  8. 8

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  9. 9

    日本沈没ドラマ化に思わぬ批判

    女性自身

  10. 10

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。