記事

やはり、国民民主党は独立会派になってよかった

それにしても玉木さんはよく踏みとどまったものだ。

玉木さんまで立憲民主に行ってしまうと、中道改革を志向しておられた国民民主の穏健保守の方々が総崩れになってしまいかねなかった。
国民民主党の分党を見事に成就させて新国民民主党を誕生させ、しかも自らは新国民民主党に所属することを選択されたのだから、新国民民主党はやはり玉木さんを中心にして党勢拡大を目指すべきだろう。

立憲民主党から多少虐められたような印象があったが、晴れて衆議院で国民民主党・無所属の新会派の設立が認められたようである。

立憲民主党との会派を続けていれば、どうしても所属国会議員の数が多い立憲民主党の執行部の言いなりになるしかなかった。

まずは独立会派になってよかったですね、と申し上げておく。

支持率が一挙に上向くことはないだろうが、少なくとも野党の間で埋没する虞はなくなった。

これからの活躍次第である。

国民民主党が提案型政党に徹すれば徹するほど、野党の中で国民民主党の存在は重くなるはずである。

あわせて読みたい

「玉木雄一郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。