記事
  • ロイター

インタビュー:景気回復の兆し、現時点で追加緩和は不要=フィリピン中銀総裁


[マニラ 27日 ロイター] - フィリピン中央銀行のジョクノ総裁は27日、ロイターのインタビューに応じ、新型コロナウイルスのパンデミックで打撃を受けた経済が回復していることを示唆する経済指標がいくつか出ており、現段階で金融政策を緩和する必要はないとの認識を示した。

フィリピンは第2・四半期に29年ぶりに景気後退に陥った。ジョクノ総裁は、来年には「持ち直し」、2022年に「実質的な成長」が始まるとの見方を示した。

物価情勢を踏まえると金融政策を緩和する余地はあるとしながらも、「現段階でそういう意向は持っていない」と述べた。

比較的楽観的な見方をする理由として、雇用情勢の改善、海外からの送金の伸び、製造業部門の回復を挙げ「これらは、経済が成長または回復している兆しだ。しかし今後数四半期に一段と強く成長し続けるだろう」と述べた。

フィリピン中銀は今年に入り政策金利を175ベーシスポイント(bp)引き下げており、アジアで最も積極的に金融緩和してきた中銀の一つだ。

政策金利だけでなく、銀行の預金準備率も引き下げ、1兆ペソを超える流動性を金融システムに供給した。年内の金融政策決定会合はあと2回で、次回は11月19日。

ジョクノ総裁は「インフレは、懸念材料のなかで最もささいな存在」と述べ、今年のインフレ率は平均1.75─2.75%と予想した。中銀の目標は2─4%。

世界銀行は、今年のフィリピンの成長率をマイナス6.9%と予想。政府の予想は6.6─4.5%のマイナス。

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  4. 4

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  5. 5

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  6. 6

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  7. 7

    飲食店のBGM 感染を助長する恐れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  9. 9

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  10. 10

    コロナ起源は輸入冷食 中国主張

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。