記事

NPOが鬼舞辻無惨(キブツジムザン)になる~「痛N」になってしまった

[画像をブログで見る]

鬼舞辻無惨とは、『鬼滅の刃』のラスボスの名前で、キブツジムザンと呼ぶ。

『鬼滅』自体は、僕は22巻まで読んだが、たしかに傑作だと思う(23巻が最終巻)。

その物語は、よくあるバンパネラもので、あの『ポーの一族』(萩尾望都)のエンタメ+日本版だと捉えればいいと思う。

その『鬼滅』を、某NPO代表が汚してしまった。

その代表が言うには、「鬼殺隊(鬼をやっつけるチーム)の現代版はNPO」だという。

そのツイートを引用すると、名誉毀損マニアのその代表がまたうるさいので、いちいち引用はしないが、Twitterの世界ではまた批判の連鎖となっている。

その代表は名誉毀損マニアであるとともに「炎上」マニアでもあるので、放っておくのが第一なのだが、その「軽さ」を見逃せない人たちもいる。

そんな人たちを僕は尊敬する。
一つ引用すると、

鬼舞辻無惨、一種のマイノリティに力を与える一方で、それを支配し、別の搾取を行う存在として描かれている。 表向き善良に見えるけれど別の社会問題を生むことに無自覚である存在。 NPO法人がときとして鬼舞辻無惨になってしまう可能性について、誰か語った方がいいように思います。
「表向き善良に見えるけれど別の社会問題を生むことに無自覚である存在」

鋭い。

5万あるNPOのうち、1万は「事業型」で、その多くは「ミッションドリフト」(法人規模が拡大するとミッションが曖昧になる)を起こしていると思う(つまり法人維持のために利益追求型になる)。

その結果、新たな社会問題に対して無頓着になる。たとえば、児童虐待支援のための特別養子縁組の仲介手数料が200万円近くになる、貧困世帯への食料支援のはずが「乾きもの」食材の消費先になる等。SNSを通した発信活動により一見その問題が緩和されたかのように見えるものの、実はより潜在化してしまうことの重要ファクターになっている。

NPOの中途半端な活動があるおかけで、たとえば貧困問題のコアが見失われる。

NPOの存在自体が、格差社会や貧困問題を隠蔽する。NPOは、またそのNPO代表は、社会問題を隠蔽し、そのことで新たな社会問題を生み出している。

そして最も悲惨なのは、NPO自体がゼロ年代のそれと同じように、社会変革の騎手として自らを誤解して認識している。

それは単に野心の塊の組織、あるいは社会問題を産みだす既存の社会システムの末端、要するに魅力ゼロの存在に落ちぶれたにも関わらず、その事実に気づけない。それはかなり痛い存在、「痛N」になってしまっている。

あわせて読みたい

「NPO」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。