記事
  • ロイター

ドバイ空港、今年は旅客70%減の可能性=CEO


[ドバイ 27日 ロイター] - ドバイ国際空港のポール・グリフィス最高経営責任者(CEO)は、今年の旅客数が70%減少する可能性があると明らかにした。同空港は、新型コロナウイルス危機前は世界で最も国際線旅客が多かった。

新型コロナ感染の世界的流行(パンデミック)によりすでに壊滅状態にある航空業界にとって、通常は繁忙期のクリスマスから新年の休暇シーズンを控えて世界で発生している感染第2波により、先行きの見通しが一段と不透明になっている。

グリフィスCEOはロイターに、現在の状況が続けば今年の旅客数は55─65%減少し、3000万─4000万人となる可能性があると発言。現在の旅客は月間100万人前後と予想を上回っているが、同CEOは通年では70%の減少もあり得るとして慎重な見方を示した。

また政府に対し、出入国時に検査を受けるなど一定の基準を満たした旅客については隔離規制を緩和するよう求めた。

アラブ首長国連邦(UAE)は空路による入国の条件として、出発時のコロナ検査陰性を指定している。

ドバイでは、陰性の結果が出ていれば大半の旅客が自由に入国できる。一部の国からの渡航者には、入国時の再検査と結果判明までの隔離が求められている。

ドバイを除くUAEの国では、14日間の隔離が義務付けられている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  3. 3

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  4. 4

    感染増の地域 知事がTV映え優先

    山内康一

  5. 5

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  6. 6

    バラマキ予算作成が最優先の怪

    鈴木しんじ

  7. 7

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  8. 8

    上野千鶴子氏がフェミになった訳

    PRESIDENT Online

  9. 9

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  10. 10

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。