記事

クジを引き当てること&引き当てられることだけが幸運ではない。

1/2

こんな年だから、なのか、今年はこれまでしばらく気にしていなかったようなニュースにも目を向けることが増えた。

典型は、これまでシーズン終盤の数試合と日本シリーズくらいにしか興味が湧かなかったプロ野球の結果がなぜか毎日気になるようになってしまったことで、いつもなら長いシーズン、他のイベントもあっていろいろと関心が分散したり、そもそもしばらく海外にいるから日本で何が起きてたかなんて知らん・・・となっていたりすることも多かったのに、今年は凝縮された日程、しかも”新型コロナ集団感染”といったハラハラさせられるようなイベントも間に挟んだりしていたもので、なんだかんだとここまで結果だけはずっと見ていたような気がする。

で、その流れで、ここ数年は、次の日の新聞見て「あ、昨日だったのか」と気づくくらいの関心度だったのに、なぜか週末からワクワクさせられてしまったのが、ドラフト会議。

もちろん、小さい頃は「甲子園で活躍したカッコいいお兄さんたちがどこのユニフォームを着るんだろう?」と子供心にもワクワクしたものだし、中高生になればなったで、物好きな奴が買ってきた専門雑誌に群がって、このチームの指名戦略はこうあるべきだ等々、今思えば何ら生産性のない議論を滔々としたあげく、(自分の学校から誰が指名されるわけでもないのに)授業中にパンチョ伊東氏の美声を授業中こっそり教室で盗み聞きして怒られる・・・そんな記憶もまだ生々しかったりする。

ただ、ある時から、一部の球団のメディア戦略が功を奏したのか、有識者が「くじ引きで所属球団を決めるなんて職業選択の自由の侵害だ」とあちこちでのたまうようになり、「戦力均衡」という制度の意義を没却するような「逆指名」という悪しき制度が導入されたことで、少なくとも「ドラフト会議当日」への興味は一気に冷めた。

それから10年以上の時を経て、再び全ての選手が「クジ引き」の対象になる、というルール自体は復活したものの、そのきっかけが二度の不幸な「栄養費」問題だったこともあって、依然、どことなく冷めた気持ちが残っていたのも事実。「逆指名」の期間中もそれ以後も、名の売れた高校生に指名が殺到して話題になるのは横目で見つつも、何となく話題先行型だな、と思ってしまうところもあり、引き気味に淡々と眺めて終わり、というのがこのイベントだった。

それがなぜか今年は気になった。

甲子園で春夏ともに選手権が開催されなかった、という特殊な一年だったこともあって、高校生よりも即戦力になりそうな学生野球の選手たちに話題が集中していた、というのが、関心を引く要素としては大きかったのかもしれない。

特に、早大の早川隆久投手は、高校時代から見ていた選手だが、フォームがとにかく美しいし、左腕で球速150キロ台のストレートを投げられるまでに成長したとなれば、獲りに行かない理由がないだろう。何より、大学1年からコンスタントに試合に出つつ、大学4年になって才能全開、というのが素晴らしくて、このタイプの選手はまず失敗しない、と自分は見ている*1

4球団競合してくじを引いた結果、勝ったのが楽天と聞いて、「またか!」と思ったのは確かだが*2、ここ3年は話題の高校生を外し続けていたようだから、確率論的にはちょうどうまい具合に、絶好の選手を引き当てる運がめぐってきた、ということなのだろう。

もう一人の話題選手、近大の佐藤輝明選手も、映像を見る限りでは相当スケールはでかそうな選手。

ただ、引き当てたのが我らがタイガース、というのが何ともため息なわけで、個人的には「巨人とソフトバンクに獲らせなかった」ということ以上の感慨は今一つ湧いてこない。

直近のドラフト1位組、大山悠輔選手、近本光司選手が活躍しているので、さらに柳の下もう一匹、を狙ったのかもしれないが、その前の高山俊、伊藤隼太といった鳴り物入りで入団したドラフト1位組の「今」を見れば、まだ懲りないか・・・というのが率直な感想。そして、

なぜこんな素晴らしい左ピッチャーがいるのに獲りに行かない?

というのが、打たれるガルシア投手の姿を見続けてきたファンの偽らざる気持ちではなかろうか*3

狙いに行った選手を引き当てたチームと、そうでないチーム。毎年のことではあるが、「外れ1位」ですら競合して2度もチャンスを逃したチームは今年も出ている。

ただ、クジで勝てば勝者で、負けたら敗者か、と言えば全くそんなことはない、ってことは、長年外し続けている自称・球界の盟主が、今シーズン首位を独走していることからも明らかなわけで、入団した選手が育ってナンボ、そしてどこかが育てた選手を運よく引っ張って来られるような資金力、ブランド力まで備えてナンボ、というのがこの世界の宿命だったりもするわけだから、「クジを引き当てる運」だけで終わってほしくないな、と思わずにはいられない*4

なお、全体的にみれば、今年は高校生以上に社会人の指名があまりに少なく、大きい大会が軒並み中止、延期になったあおりをもろに食らってしまったような印象はあるし、育成枠での指名選手が増え、しかもそこに結構な数の大学生が混じっている、というところにも、いろいろと考えさせられるところが多かったりする*5

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  3. 3

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  5. 5

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    西村大臣「リスク低くても制約」

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  8. 8

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

  10. 10

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。