記事

第203回国会(臨時会)開会 安倍ロスと菅カラー


第203回国会開会に当たり国会前庭で

 「日々勉強!結果に責任!」「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(自民党・比例代表全国区)です。

 10月26日(月)は、戦後第203回目の国会(臨時会)が開会となりました。会期は12月5日(土)までの41日間となります。

 午前10時から参議院本会議が開催され、各議員の議席確定や各常任委員長の選任、特別委員会の設定等が行われました。その後、各特別委員会に分かれて開会され、委員長が選任されました。

 私は、参議院文教科学委員会において次席理事、決算委員会、北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会、憲法審査会に所属することになりました。

●天皇陛下御臨席の下、第203回国会開会式


10.26第203回国会(臨時会)開会式の様子(出所:参議院)

午後1時から開会式が参議院本会議場で行われるます。開会式前に、国会前庭で衆参議員が分かれて、天皇陛下をお迎えし、開会式後に、同様にお見送りを行いました。

天皇陛下からは、「本日、第203回国会の開会式に臨み、全国民を代表する皆さんと一堂に会することは、私の深く喜びとするところであります。ここに、国会が、国権の最高機関として、当面する内外の諸問題に対処するに当たり、その使命を十分に果たし、国民の信託に応えることを切に希望します」との勅を賜りました。

 https://www.sangiin.go.jp/japanese/ugoki/r2/201026k.html

●安倍ロスと菅カラー


菅総理所信表明演説(出所:内閣官房)

午後2時からは衆議院本会議場で、3時からは参議院本会議場で、菅総理の初めての所信表明演説が行われました。

本会議上に安倍前総理がいない・・・ 当然のことなのですが、改めて感じ、感傷的になりました。いる人がいない・・・ 私だけでなく、他の議員からも「安倍ロス」の声を聴きました。国家を長年中心となって担ってきた方がいないということであり、その存在感の大きさ、偉大さを痛感しつつ、今後菅総理を支えて、私たちが国家を担う気概と覚悟が益々必要だということになります。

菅総理は、自民党総裁選挙で掲げた公約を基に、政府の方針を表明しました。仕事人、実務者を自認するだけあって、演説も国内外の課題に対して、目立ったスローガンや特色ある挿話もなく、「国民のために働く内閣」という「菅カラー」を粛々と取り組むことを表明しました。概要は以下です。

一 新型コロナウィルス対策と経済の両立 ―1日20万件検査とGoTo支援策

二 デジタル社会の実現、サプライチェーン ―縦割り行政打破しデジタル庁創設、供給網の自国化

三 グリーン社会の実現 ―温室効果ガス排出量を2050年に実質ゼロ、再生可能エネルギーと原発再稼働、石炭火力見直し

四 活力ある地方を創る ―農産品輸出9千憶円から2025年2兆円、2030年5兆円

五 新たな人の流れをつくる ―大都市・大企業から地方・中小企業ベンチャーへ

六 安心の社会保障 ―72万人保育整備で待機児童最少1.2万人、不妊治療保険適用

七 東日本大震災からの復興、災害対策 ―被災者生活再建支援法改正で支援金対象拡大

八 外交・安全保障 ―積極外交と拉致、日米同盟と自由で開かれたアジア太平洋、近隣外交、日英経済連携協定締結、経済安全保障、来年の東京オリパラ大会開催

九 おわりに ―憲法改正、携帯電話料金の引下げ、「自助、共助、公助、そして絆」

https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/statement/2020/1026shoshinhyomei.html

海洋国家としての海運の重要性、中韓の不当な国策による国家安全保障に直結する造船業の危機、空や陸の物流等への言及がなかったのは、残念でした。

私が自民党担当している教育分野では以下のように演説しています。

「地方に暮らしていてもテレワークで都会と同じ仕事ができる。都会と同様の医療や教育が受けられる。」「教育は国の礎です。全ての小中学生に対して、一人一台のIT端末の導入を進め、あらゆる子どもたちに、オンライン教育を拡大し、デジタル社会にふさわしい新しい学びを実現します。」

その他、来夏の東京オリパラ大会への言及はありましたが、文化、スポーツ、科学技術政策について発言がなかったのは、寂しい思いがしました。

その一方、現在焦点の経済安全保障について、政府一体となって適切に対応していくとしています。

今国会の政府の新規提出法案・条約案は、10本となります。順次与党自民党の事前審査制によって、各部会で議論が行われています。

野党側は、菅総理による日本学術会議会員候補の任命見送りについて、言及がなかったのはけしからんと早速口撃を始めています。

1年以内に行われる衆議院総選挙があり、国民にとって有意義な議論を行うべく、参議院側から全力を尽くします。

●今後の予定は

 菅総理の所信表明演説に対する各党代表質問は、衆院が28日(水)29日(木)両日、参院が29日(木)30日(金)に行われます。来週からは菅総理と全閣僚が出席して予算委員会が衆参で順次開かれることになります。

 引き続き国家国民の信託に応えるべく、国会活動に党活動に精力的に取り組みたいと思います。

あわせて読みたい

「臨時国会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  3. 3

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  4. 4

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  5. 5

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    小林麻耶 実母が海老蔵宅に避難?

    SmartFLASH

  7. 7

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  8. 8

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

  9. 9

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

  10. 10

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。