記事

日銀の追加緩和策

 日銀は30日の金融政策決定会合で、国債などを買い入れる基金を11兆円程度増額することを決めた。 うち、上場投資信託 (ETF) の購入枠を5000億円程度増額した。 マーケットの反応は想定内ということで、株価も大きく下げてしまった。

 どうして、もっと大胆な発想ができないのだろう。 たとえば、日経平均株価が1万8000円を回復するまで ETF を毎月1兆円ずつ購入していくと発表するのだ。 同時に、株価上昇が景気回復や経済活動活性化の特効薬だから、この政策を日銀としても積極的に促進していくと強調するのだ。

 日銀が株式のようなリスク資産を購入するのはどんなものかといった否定的な意見もあろう。 しかし、米国の中央銀行にあたる FRB が住宅ローン債権を毎月300億ドル(2兆4000億円)ずつ無制限に購入すると発表したのと、政策発想は同じである。 経済活動をとにかく活性化させるのだという強い意思を発信することが、いま一番重要だという認識を政策に織り込んだわけだ。

 FRB の断固たる景気下支え意思を反映して、早くも米国の住宅市場に底入れの気配が出てきている。 経済は生きものだから、その気にさせてやればいくらでも元気に動き出す。 この経済センスが日銀にも国の政策にも欠けているのが、日本の不幸といっても言い過ぎではないだろう。

 もし、日銀が ETF を毎月1兆円ずつ買っていくと発表したら、もうそれだけで株式市場は大活況に入っていくはず。 なにしろ、日本株市場に重くのしかかってきた株式の持ち合い解消売りは、ほとんど出尽くした。 もう、これといって大きな売り圧迫要因はないから、ちょっと買いエネルギーが表面化してくれば、株価の大幅上昇は容易に想定される。

 株価が上昇基調になれば、経済や社会全般の心理がぱっと明るくなる。 同時に、資産効果が出てきて消費や企業の投資活動が一気に高まる。 これって、抜群に即効性のある景気対策ではなかろうか。 その引き金を引くことになる日銀は鼻高々となれるのにね。

あわせて読みたい

「金融政策」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

  3. 3

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  4. 4

    母親像や家庭のあり方が多様化する現代で感じる「母の日」への違和感

    常見陽平

    05月09日 13:39

  5. 5

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  6. 6

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  7. 7

    東京五輪、本当にやるんですか?

    安倍宏行

    05月09日 10:22

  8. 8

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  9. 9

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  10. 10

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。