記事

アルメニアとアゼルバイジャン、米仲介で今月3度目の停戦合意

アゼルバイジャン防衛省ウェブサイトに20日に投稿された、同国の砲兵隊の砲撃の様子とされる映像の一場面 EPA

米国務省は25日、係争地ナゴルノ・カラバフ地域をめぐり戦闘中のアルメニアとアゼルバイジャンが26日からの停戦で合意したと発表した。両国の停戦合意は今月これで3度目。

アメリカはこの日、3カ国による共同声明を発表。アルメニアとアゼルバイジャンの「人道的停戦」を26日午前8時から開始するとした。

今回の停戦は、アメリカのスティーブン・ビーガン国務副長官、アルメニアのゾフラプ・ムナツァカニャン外相、アゼルバイジャンのジェイフン・バイラモフ外相が24日に会談し、合意したもの。

前日23日には、ナツァカニャン氏とバイラモフ氏は米ワシントンでマイク・ポンペオ国務長官と会談した。

<関連記事>

ドナルド・トランプ米大統領は25日、「有効な停戦を順守することで合意したアルメニアのニコル・パシニャン首相とアゼルバイジャンのイルハム・アリエフ大統領、おめでとうございます。これで多くの命が救われるだろう。合意を成立させてくれた私のチーム、ポンペオ国務長官、ビーガン国務副長官、国家安全保障会議を誇りに思う」とツイートした。

https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1320481440560132097

欧州安全保障協力機構(OSCE)の仲介役も29日、両国の戦闘について再び協議する予定。

アルメニアとアゼルバイジャンは9月27日、係争地ナゴルノ・カラバフ地域をめぐり、近年で最大規模の武力衝突を起こした。ここ数日で状況は再び激化している。

両国は今月すでに2度、ロシアの仲介で停戦に合意したものの、いずれも直後に破棄された。アゼルバイジャンのアリエフ大統領は、ロシアに軍事的に関与しないよう警告している。

両国が領有権を主張するナゴルノ・カラバフ地域は、国際的にはアゼルバイジャンの一部と認められているが、アルメニア系住民が実効支配している。

9月に始まった両国の衝突は大規模な紛争へとエスカレートし、複数の町などへの砲撃が発生。禁止されているクラスター弾の使用が疑われている。

これまでに、両国の民間人など数千人が死亡し、数万人が家を追われた。

(英語記事 Armenia and Azerbaijan agree US-brokered ceasefire

あわせて読みたい

「戦争」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  3. 3

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  4. 4

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  5. 5

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  6. 6

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  7. 7

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  8. 8

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

  9. 9

    トランプ氏が大統領選でついた嘘

    文春オンライン

  10. 10

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。