記事

岡村隆史50歳が「支えられ婚」…芸人人生を襲った“2つの危機”に寄り添った女性の存在 - ラリー遠田

 10月22日深夜放送の『ナインティナインのオールナイトニッポン』で、ナインティナインの岡村隆史が30代一般女性との結婚を発表した。

 独身男性芸人が名を連ねる「アローン会」に所属していた彼は、結婚とは縁遠い人間であると思われていた。そんな彼の突然の結婚発表は世間に衝撃を与えた。

 個人的には、このニュースを聞いた瞬間、多少の驚きはあったものの、それほど意外だとは思わなかった。確かに、岡村は長年にわたり独身を貫いていて、過去の恋愛経験から女性不信に陥っていることなどが知られていたし、最近ではラジオの中で自分だけに見える「架空の嫁」の話をしていたこともあった。


ラジオ番組で結婚発表した岡村隆史 ©時事通信社

 だが、それらの話はあくまでもプロの芸人による話半分のネタとして受け止めるべきものだ。すべてがウソであるとまでは言えないが、誇張されたものであることは間違いない。

なぜ50歳になるまで結婚しなかったのか?

 岡村は約30年にわたってテレビの人気者として活躍しており、人並み外れた高収入を得ているはずだ。見た目も年齢の割にはまだまだ若々しい。そんな彼の結婚の可能性を平均的な50歳独身男性と同じように考えるべきではないのは当然だ。

 実際、これまでにも何度か女性関係の噂は流れていた。岡村にもある程度は女性との交際や交流の経験もあるだろうし、いつ結婚してもおかしくなかった。彼は明らかに結婚できない人間ではなく、結婚を選んでこなかった人間なのだ。

 岡村が結婚をしていなかった根本的な理由は、「自分が幸せになってはいけない」という呪いのようなものにとらわれていたからではないかと思う。

 岡村にとって芸人の仕事は「努力、我慢、根性」で成り立っている。人を笑わせるという不真面目な仕事に誰よりも真面目に向き合うことで、岡村のこれまでのキャリアは築かれてきた。

NSC時代から見せていた“貪欲さ”

 公務員志望の真面目な大学生だった岡村は、高校時代のサッカー部の後輩である矢部浩之に誘われて、吉本興業の芸人養成所「NSC大阪」に入学した。

 そこでは、数多くいる同級生の中でどうすれば一番目立てるのかということを真剣に考えて、それを実践していた。

 最初の授業で講師から「何かアピールしたい人は手を挙げて」と言われたとき、数多くの生徒の中からたまたま矢部が指名された。岡村は矢部よりも先に立ち上がり「えー、岡村隆史です」と自己紹介を始めた。すかさず矢部が「お前ちゃうねん!」とツッコミをいれた。事前にこのやり取りを準備していたわけではないのだが、体が勝手に反応して動いていた。

 NSCの講師を務めていた漫才作家の本多正識は、生徒である岡村の姿をひと目見て「この子は売れる!」と確信したという。岡村の見た目や動きの滑稽さと、一瞬たりとも気を抜かない笑いへの貪欲さは、そのときからすでにあったものだった。

『めちゃイケ』まで一気に駆け上がった

 無名時代のナインティナインが若手芸人の登竜門と言われる『ABCお笑い新人グランプリ』に挑戦したときには、審査員の好みに合わせてネタを作り込み、ほかの出場者との差別化のためにあえてスーツを着て漫才を演じた。この作戦が功を奏して、ナインティナインは優勝候補と言われた雨上がり決死隊やFUJIWARAといった先輩芸人をごぼう抜きにして優勝を果たした。

 ナインティナインがお笑いダンスユニット「吉本印天然素材」に加入した当時は、メンバーの中でも人気や知名度がなかった。そこで岡村は、自分が目立つためにコンビでネタをやるときには動きの少ないネタを演じた。ほかのメンバーが動きの多いネタをやっていたため、あえてその逆を選んだのだ。

 徐々にナインティナインの人気は上がっていき、彼らはいち早く吉本印天然素材を脱退して、テレビスターへの道を歩み始めた。若手芸人の発掘を目的とした深夜番組『新しい波』への出演を皮切りに、深夜番組の『とぶくすり』や『めちゃ×2モテたいッ!』を経て、伝説のお笑い番組『めちゃ×2イケてるッ!』の中心メンバーとなった。

テレビとは対象的な『オールナイトニッポン』

 あれよあれよという間にレギュラー番組が次々に決まり、東京での仕事が増え続け、次世代のスター候補として注目されるようになった。すぐ上の世代の芸人とも比較されて「ポストダウンタウン」などとはやし立てられた。

 そんな中で2人は、寝る間もないほどの過酷な生活を送り、慣れない東京暮らしで極度のストレスを抱えていた。そんな怒涛の日々の中で始まったのが『ナインティナインのオールナイトニッポン』だった。

 当時の岡村はとにかく東京が嫌いで、東京のテレビスタッフやファンに対しても不信感を持っていた。常に緊張を強いられ、負けられない戦いが続く中で、ラジオ番組はそんな彼らが唯一、愚痴や不満をぶちまけられる場所だった。

 テレビで明るくはしゃぎ回る岡村が、ラジオではボソボソとした口調で悪態をつき、本音を漏らした。それが多くのリスナーを魅了して『ナインティナインのオールナイトニッポン』はその後も長く続く人気番組となった。

無期限休養と不適切発言問題の余波

 真面目さを武器にして、目の前の課題をひとつひとつクリアしながら岡村は成長してきた。だが、ある時期からその真面目さが岡村自身を苦しめるようになった。レギュラー番組に加えて、映画の仕事や自分で企画した一人舞台の準備のために心身の疲労がピークに達してしまい、2010年に岡村は体調不良により無期限休養に入った。『めちゃイケ』『ぐるナイ』を含む全レギュラー番組を休業する異例の事態だった。

 その後、岡村は約5カ月の休養を経て復活した。これを機に彼は変わった。過剰な真面目さが自分を追い詰めていたことに気付き、無理をしなくなったのだ。だが、これがもう1つの危機の始まりだった。

 復帰後の岡村の異変が明るみに出たのが、今年の4月23日深夜に放送された『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』での舌禍事件だった。岡村の配慮に欠けた不適切な発言が大問題に発展し、所属事務所である吉本興業は本人の名前で謝罪文を発表した。

矢部浩之の「公開説教」で語られたこと

 翌週の4月30日深夜の放送回では、相方の矢部が飛び入りで参加して、岡村に対して「公開説教」を行った。以前からコンビの関係が良くなかったことが明かされ、次々に核心を突くような厳しい言葉がぶつけられた。今回の問題発言については、彼を放置して甘やかしてきたスタッフやリスナーにも責任があると述べた。

 実は、矢部は岡村が休養から復帰した頃からずっと、彼に対して不安と不満を抱えていたのだという。岡村はもともと内弁慶なところがあり、身近なスタッフなどには気を使わせるようなタイプの人間だった。復帰後は、スタッフも今まで以上に岡村の精神的な状態に気を配るようになった。さらに、ナイナイも芸歴や年齢を重ねたことで立場が上がり、彼らに物申すことができる人もどんどんいなくなっていった。

 問題発言の背景にはそういう事情があるということを、矢部は公共の電波を使ってはっきりと述べた。

10年前から友人関係にあった女性と……

 岡村は、歯を食いしばって真剣に仕事に取り組むしかないのだと思い込み、脇目もふらず地道に努力を続けてきた。そのことで周りが見えなくなり、視野が狭くなっていた。強くなくてはいけないのだという強迫観念にとらわれ、弱さを見せられなくなっていた。

 岡村は、今回の自身の結婚について「支えられ婚」だと語っていた。舌禍事件で精神的に追い込まれたときにも、その人が支えてくれたのだ。

 結婚相手の女性とは10年ほど前から友人関係にあったという。10年前というと、岡村がちょうど休養に入っていた時期にあたる。その頃から岡村の姿を見てきた彼女は、岡村の良き理解者でもあり、彼を精神的に支える存在になっていたのだろう。

ナイナイは“不器用で情けない”ヒーローだ!

 前述の「公開説教」の最後に、矢部は自分がその場に出てきた意図について語っていた。

「こういう機会に全部さらけ出した方がええんちゃうかなと思って。もう自分らの恥部をね、恥ずかしい部分も見てもらって。どっちか言うたらそういうタイプでやってきたじゃないですか」

 圧倒的な才能を持つ本物のスーパースターは、自分たちの弱い部分や格好悪い部分を人前でさらけ出したりはしない。本当に強い者にはその必要がないからだ。

 その点、ナイナイは何でも見せてしまう不器用で情けないヒーローである。レギュラー陣が何もかもさらけ出して必死で戦う『めちゃイケ』を活動の拠点にしてきた彼らは、自分たちの葛藤や戸惑いもすべてネタにしてきた。それこそがナイナイらしさであり、岡村らしさでもあったのだ。

 心を許せる生涯の伴侶を得た岡村は「弱さを見せられる強さ」という自分たちの原点に立ち返ることができたのではないか。闇雲な努力や強がりだけに頼らない、新しい岡村隆史の勇姿が見られるのはこれからだ。

(ラリー遠田)

あわせて読みたい

「岡村隆史」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  5. 5

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  6. 6

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  8. 8

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  9. 9

    日本沈没ドラマ化に思わぬ批判

    女性自身

  10. 10

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。