記事

“若々しさ”だけでは苦しい? “曲がり角”の観月ありさ43歳、“悪女”役で新境地となるか - 「週刊文春」編集部

 観月ありさ(43)が10月19日の「SUITS/スーツ2」(フジ)最終回にゲスト出演。“月9”出演は1998年の「ボーイハント」に主演して以来になる。

【画像】ギネス記録を持つ観月ありさ

「22年ぶりというのも驚きだが、それ以上に、“友情出演”的な顔出しを除けば助演の少ない女優だけに、月9という大きな場に単発で出てきたことが驚き。4年ぶりの共演となる織田裕二(52)の元彼女で、切れ者の国際弁護士という、これまでのイメージとは一風違った役柄。観月も新たな側面をアピールすべく、熱を入れて臨んだ」(放送記者)

 その背景には、“ザ・主演女優”観月が曲がり角に立っていることがあるという。89年、12歳で連ドラに初出演し、92年には「放課後」で早くも初主演。以来今年まで「29年連続連ドラ主演」というギネス記録を持っている。


2004年撮影 ©文藝春秋

「だが今年はBSでの主演。昨年の『アロハ・ソムリエ』も4夜連続の深夜ドラマと、記録更新中と胸を張るには少々苦しい状況。『もはや記録自体が目的化している』と揶揄する声もある。かつては『ナースのお仕事』(96年~)や『サザエさん』(09年~)で、数字を取れるコメディエンヌとしてメインを張り続けたが、最近は若手女優に押されている感は否めない。“若々しさ”を押し出してきた観月だが、年齢ならではの役柄で新境地を開きたい、という意欲は強いはず」(芸能デスク)

観月ありさの“悪女”は新境地となるか?

 そのひとつが、9月末に終了した連ドラ「私たちはどうかしている」(日テレ)で挑んだ“悪女”だという。

「主演ではなく、横浜流星演じる主人公の母親役。“嫁”(浜辺美波)に対する冷たい表情と厳しい口調の陰湿な“姑”を怪演し、ドラマの見所を作った」(同前)

 近年の悪女役といえば、昼ドラ「牡丹と薔薇」(04年)の小沢真珠(43)や、一時期は悪女が代名詞だった高岡早紀(47)がいる。しかし実は最近、悪女は払底気味であり、観月が本格参入すれば大きな需要が見込めるという。たしかに菜々緒(31)のように悪女イメージで頭角を現しても、主演に格上げすれば正統派に転身するのが普通だ。

「観月のように主演から悪女は“逆コース”であり、格落ち感は否めないが、私生活では15年に建設関連会社社長と結婚し安泰だし、本人にはギネス記録へのこだわりもないといわれる。割り切って脇に回れば、悪女でも鳴らした故・野際陽子のような大女優への道も開ける。『半沢直樹』(TBS)でヒステリックな副社長役が好評だった南野陽子(53)もしかり、今後悪女路線への参入が増えてきそう」(民放ドラマ制作関係者)

 すでに悪女に“同化している”。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年10月29日号)

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。