記事

【115カ月目の汚染水はいま】漁師の怒り「海を汚されたら生業が成り立たぬ」 福島市で若者主催の緊急街宣「強引な進め方には声をあげていく」

1/2
福島県内の10代から30代の若者有志が集まる「DAPPE」(Democracy Action to Protect Peace and Equality=平和と平等を守る民主主義アクション)が24日午後、福島市内で緊急街宣を行い、原発汚染水の海洋放出に改めて反対の声をあげた。27日にも政府が最終決定をするとの報道が先行していたが、反対の声が高まったのを受けて延期。当面の最終決定は回避されたが、あくまで「先送り」で政府の基本方針は変わっていない。マイクを握った漁師らは「海を汚されたら生業が成り立たない」「強引な進め方には声をあげる」などと力をこめた。

【「内堀知事は『NO』を」】

「福島県の最北端で50年以上、漁師をしています。3人の息子も漁師になりました。この問題をずっと追いかけ、公聴会では意見も述べました。しかし、漁業者の想いが反映されているとは思えません」

 相馬郡新地町の漁師・小野春雄さん(68)は熱く語り始めた。2011年に海を汚され、再び海を汚されようとしている。海に生きる男としては我慢がならなかった。 
 「私は漁師3代目です。息子は4代目。孫は5代目。ずっと漁業を守って来たんですよ。海を汚されたら生業が成り立ちません。今は試験操業ですが、来年4月に本格操業になります。これまでの9年半は何だったのですか?再びマイナスから始めるんですか?われわれは9年半、我慢して我慢して来たんですよ。われわれは何も悪い事をしていないのに、海を汚されたら困るんです」

 小野さんは何度も何度も「おかしい」と口にした。
 「昨年の11月、一通のメールが届きました。分析したいので小野さん、汚染水20リットルを東電からもらってきてくださいという依頼でした。東電本社に連絡をして20リットル欲しいと言いました。『危険ですから駄目です』と言われました。危険なものをなぜ希釈して海に流すのですか?おかしいでしょ?」
 「私たちに何の説明も無くて、急に27日に方針が決まると報道があった。われわれ漁師は何も分からない。組合の執行部も『どこでどうやって決まったのか分からない』と言う。一番実害を被る漁業者にたった1回だけ説明して意見を聴いただけ。そんな話が通りますか?おかしいです」

 当事者不在。決めるのは東京。「原発事故の被害者である漁業者を守らないで、なぜ加害者である東電を守るんですか?なぜ2022年が期限だと決めてしまうんですか?延ばせば良い事でしょう」という怒り、疑問を誰が否定できよう。そして怒りは、内堀雅雄知事にも向けられた。
 「内堀知事が『海洋放出反対』を表明していません。県民を守る立場の知事ですから、『海に流しては駄目だ』とはっきりと言ってもらいたいです。肝心の親分が『NO』を言ってくれなかったら、県民を守らなかったら、誰が県民を守るんですか?」

(上)相馬郡新地町の漁師・小野春雄さん。「海を汚されたら生業が成り立たない」と語気を強めた
(下)「DAPPE」が配ったビラ。メンバーの久保田さんは「反対の声を無視するのは民主主義を破壊する行為そのものだ」と語った

あわせて読みたい

「福島第一原発」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。