記事

矢沢永吉が語るバラードの魅力 90年代、秋元康から打ち明けられた「本音」とは?

1/2
矢沢永吉

2020年、初の試みとして未公開を含む未発売ライブ映像3本を有料配信するプロジェクト『3 BODYS NIGHT』をスタートさせ、大きな話題を集めた矢沢永吉。10月21日にはオールタイム・バラードベストアルバム『STANDARD ~THE BALLAD BEST~』をリリース。CD3枚組で全39曲トータル173分という大ボリュームによる今作は、バラードの素晴らしさに定評のある矢沢永吉のイメージからは意外に思えるが、初めてのバラードベストである。

『STANDARD ~THE BALLAD BEST~』に収録された楽曲について、音楽家・矢沢永吉がRolling Stone Japanに語ってくれた。

ー今回のベストアルバムの収録曲ですが、リリースした年代を見ると、70年代から9曲、80年代から7曲、90年代から14曲、00年代から7曲、10年代から2曲で全39曲という内訳でした。そこで年代ごとに楽曲をピックアップしてお伺いします。まず70年代から、大ヒット曲であり矢沢さんのバラードの代表曲の一つである「時間よ止まれ」について。今回の収録されているテイクを聴くとベースライン、パーカッションなどの楽器の粒立ちがハッキリしていてすごく躍動感がありますね。

矢沢:じつは「時間よ止まれ」のマルチテープはもう存在していなくて、2ミックスしか残ってなかったんです。そうなると触りようがないと思うじゃないですか? でもあの当時はヴォーカルが大きすぎてドンシャリだったところを、どうにかできないかと思って、マスタリングの工程で、ヴォーカルの周波数をそこだけカットしてグッと抑えて、他の楽器類をもうちょっと上げてという操作をしたんです。それだけで、全然音が違うんです。音、違ったでしょ?

ーはい、明らかに違いがわかってすごく良いです。

矢沢:あれは、マスタリングでEQを触っただけなんだよね。だけど、そのままで『STANDARD ~THE BALLAD BEST~』としてリリースするのが耐えられなかったから。さっきから言っている、「押し付けじゃなくてストンッと入ってくるヴォーカル」。(パチンっと指を鳴らして)そこですよ(笑)。

ーははははは(笑)。まさにそういう聴き心地があります。「時間よ止まれ」はすごく洒落た曲ですよね。抑え気味の歌い方や、メロディの高低差があまりなく展開も少ないところが他のどの曲にもない個性になっていると思います。矢沢さんご自身にとってはどんな曲ですか。

矢沢:まずこの曲はギターが弾ける人、コードがわかる人が分析したらわかると思いますけど、コード進行が素晴らしい。作った僕が言うのもおこがましいんですけども。今となっては当たり前かもしれないけど、あの当時このコード進行を使ったときに、ギター弾きでコードをわかる人は、「Oh my God! すげえカッコいいコード進行だねこれ!」と思ったはずですよ。僕も我ながらaug(オーギュメント)とかSUS4とか、よくこのジャジーなコード進行をバンバン取り入れられたなと思う。それぐらい、コード進行がすごい曲ですよ。

10年かけて熟成された「棕櫚の影に」の旋律

ー80年代からは、「棕櫚の影に」についてお伺いします。この曲はファンにも人気の高い名曲だと思いますし、ライブでも度々取り上げられていてライブテイクもいくつか発表されているなど、矢沢さんご自身の思い入れも感じます。こういうミディアムの16ビートノリでダンサブルなバラードは矢沢さんの十八番中の十八番ではないかと思うのですが、この曲への思いをぜひ聞かせてください。

矢沢:これはね、本当に良いメロディですよ。最近はあまりそういうことはないけど、僕が若い頃、もう寝ても覚めてもメロディがどんどん湧いていたんです。目の前にお酒を置いて、飲みながらギターを持っていたら、1時間のうちに7、8曲書くぐらい当時はメロディが湧きまくっていた頃で。入口から出口まで完成する曲はそんなにはないんですけど、4小節・8小節単位でも、「このメロディ、カッコイイ」というメロディがたくさん沸いてきましたから、それをその都度カセットテープに入れるということをやってたんです。僕専用のカセットレコーダーにいつもテープを入れていて、メロディが浮かんだらすぐにRECボタンを押して、4小節ぐらいのもの、8小節ぐらいのものをストックしてました。そういう「矢沢の宝物」みたいなカセットテープが家にいくつもあります。それから8年か10年か、長い月日が経ったあるとき、「あ~、こういうテープあったよな、どれどれ?」って聴き直したことがあって。そのときに聴いたのが「棕櫚の影に」。

ーその時点では、まだ曲の一部しかなかったわけですよね。

矢沢:そうです。もちろん、「棕櫚の影に」というタイトルもないですよ? 「タ~ララ~タララララ~」(「棕櫚の影に」の冒頭のメロディを歌いながら)っていう、4小節ぐらい聴いてみたら、それだけで「めちゃくちゃ良いじゃん!」って思ったんです。僕ね、自分が書いた曲なのに、「これ、俺が書いたの?」ってぶったまげた。カセットテープの日付を見たら、10年ぐらい前のカセットテープだったんだけど、「このフレーズ良いなあ」っていうことで、そこから最後まで一気に作ったのが、後の「棕櫚の影に」になったわけです。

ー10年の時を経て完成したってすごいですね! そんな逸話がこの曲にあったとは驚きです。

矢沢:だから、曲って最初の4小節でも、「これカッコイイな、引っかけられたな」っていうメロディは絶対捨てちゃダメ。録って残しておくんです。録っておけばそのときは完成できなくても、それから2年後でも5年後でも、そこから先を作ればいいんだから。まさにこの「棕櫚の影に」は10年ぐらい前のカセットテープを聴いてそこから先、続きを作った曲ですから。


変革の80年代、打ち込みとの出会い

ー「棕櫚の影に」は1984年に発表されたアルバム『E』(イーダッシュ)に収録されました。80年代のアルバムは打ち込みやシンセを導入する等、矢沢さんにとって新たなサウンドアプローチを行った変革期だったかと思います。

矢沢:その頃は、僕がアメリカに行き始めてしばらく経ってアンドリュー・ゴールドと出会った時期でした。その頃にはもう、「棕櫚の影に」があったんです。当時、世の中的にはコンピューター、打ち込みの始まりですよね。アンドリューはものすごくアイデアマンで、プロデューサーとしても優秀だったんだけど、「矢沢、ぜひおまえと手を握ろうじゃないか」って、一緒にアルバムを作ることになって。それが『E』ですよ。それで、アンドリューが家に来てくれって言うから約束して行ったんだけど、僕はそのとき、ドラムもベースもどうやって録るつもりなのか皆目見当がつかなかった。というのも、それまでの僕のやり方は、スタジオに行ってミュージシャンが集まって、ドラム、ベース、ギターで「せーの、ワンツースリー!」で同時に録って作るのが普通だったから。でもアンドリューの家に行ったら、「OK矢沢、どの曲からやるかテープを聴かせてくれ」って言われて。今でいう、プリプロダクションですよね。家に行ってみたらアンドリューと機械の山しかなくて、ミュージシャンがいないんですよ。だから、僕の音楽に打ち込みの世界を導入させてくれたのは、アンドリュー・ゴールドなんですよ。それで誕生したのが、「棕櫚の影に」であり『E』なんです。

ー実際に、「棕櫚の影に」はアンドリュー・ゴールドとどんなやり取りをして完成したのでしょうか。

矢沢:アンドリューが、「もらったテープを聴いていたんだけど、俺にちょっとアイデアがある」って言ってきて。それで出てきたのが、16ビートの打ち込み。「DayDream~ラララララ~」(冒頭を歌いながら)。「棕櫚の影に」があの16ビートで誕生した瞬間、ファッキン・グレイトなあのメロディ、アンドリューのアイデア……僕は幸せだったなあ。幸せだったし、「うわあ、こんなすごい曲が生まれてきている」っていうね。メロディは僕が書いてますけど、やっぱりアンドリューなくして「棕櫚の影に」は生まれてないですよ。だから僕は、その時代その時代ですごいやつと出会ってるんですよね。アンドリュー・ゴールド、ジョン・マクフィー、ジョージ・マクファーレン、世界で3本の指に入るエンジニアのクリス・ロード・アレジ……そういう世界のすごいやつらと出会うことで、僕を未知の世界に連れて行ってくれた。もうアンドリューは亡くなってしまいましたけどね(2011年逝去)。今「棕櫚の影に」にまつわるエピソードを自分で喋っていても、タイムマシンのように、あの頃の30歳ぐらいの矢沢に戻れますね。だから、音楽って素晴らしいんだと思う。

ーアメリカでもイギリスでも、レコーディングごとにそういうすごいアーティストとの出会いから刺激を受けて、作品が生まれていったわけですね。

矢沢:世の中なんて、どれだけすごいやつらと出会えるかどうかだと思う。僕は昔、ある雑誌のインタビューで、「俺はミーハーだ」って言ったことがあるんですよ。ミーハーって普通は見下した意味だけど、僕はそうじゃなくて、やっぱりすごいやつらと会ったときに、「ワオッ! 俺こいつのこと大好きだよ」って思えるようなミーハーさ。それってすごく大事なんじゃないかな? ミーハーな感覚がないやつに発展はないと思う。世の中の矢沢永吉のイメージで言えば、「永ちゃんが自ら”俺はミーハーだ”なんて言うわけないよね」ってみなさん捉えてるかもしれないけど、僕は敢えて言いますよ。僕は”ものすごく感覚の長けたミーハー”ですよ。

あわせて読みたい

「矢沢永吉 」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  5. 5

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  6. 6

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  8. 8

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  9. 9

    日本沈没ドラマ化に思わぬ批判

    女性自身

  10. 10

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。