記事

「テレビの人がYouTuberにマウントを取ってしゃべるのが、すごく気持ち悪かった」 ロンブー淳が語る“テレビへの違和感”とは - 映画監督・小林勇貴が田村淳に語った「今最も見て欲しい」コンテンツ

1/4

 地上波、YouTube、Netflix他、数えきれないプラットフォームが日々コンテンツを発信している今、見るべきものは何か。タレント、ロンドンブーツ1号2号の田村淳が、時代を席巻するクリエイター達から、面白いコンテンツを聞くテレビ番組「田村淳のコンテンツHolic」より、その一部を紹介する。

 ゲストは、映画界の若き異端児、映画監督・小林勇貴。2015年の自主映画「孤高の遠吠」では本物の不良を起用し、2017年、間宮祥太朗主演の「全員死刑」で商業映画デビューした、映画界の異端児だ。

©MBS

小林監督おすすめコンテンツその1.映画『実録・私設銀座警察』

小林 最初にオススメするのは、「実録・私設銀座警察」という映画です。

淳 私設銀座警察!?

小林 1970年代の東映が作り出した、暴力映画の最高峰ですよ。

淳 フフフ、銀座を守ろうとしてる人たちの話ですか? 

小林 邪悪な集団です。

淳 俺ね、バイオレンス映画がちょっと怖いと思っちゃうんですよね。

 導入部分で誰かが刺されるんでしょ? とか誰かが殴られるんでしょ? とか。

小林 これは「自分が撮って初めて分かった、今では撮れないバイオレンス映画の最高峰」です。渡瀬(恒彦)さん演じるキャラクターが、私設銀座警察の中の殺人マシーンの役なんですよ。撃たれたり、刺されたり、しこたまヤラれるんですけれども起き上がってくるんです。全然死なないんです。

淳 うん。

小林「あっこれだ!」と思って。キャラクターが死んでしまうと、死の方に意識がいっちゃう。そうすると、暴力そのものには辿り着き辛いんです。

淳 死んで悲しいとか、そういう方に意識が行っちゃうからですね。

小林 そうですね。70年代の東映っていろんな監督が暴力映画作ってて、その当時の作家さんたちには戦争体験もあって、暴力に対する当事者意識が強かったんだと思うんです。さらに輪をかけて東映っていう血気盛んな会社の中で、「アイツはこういうすごいの作ってるらしい」と切磋琢磨して、そういったものすべてが合わさって、不死身のキャラクターっていう発明品が出来た。いろんな運命を感じるんですよね。

淳 なかなか死なないって設定でも、「いやいや、もう死んどるやろ」って気持ちが離れる瞬間もあると思うんですけど。

小林 渡瀬さん演じる渡会は、不思議な説得力を持ってるんです。彼は持病があって、襲撃の最中に吐血してしまったり、そもそも死にかけの状態で行動してるんです。常に死と隣接してる人だから全然死ななくても、なんか自然なんです。

淳 なるほどね。

淳 ゾンビみたいになってますね。

小林 もう暴力の化身ですね。

淳 俺たちの身近にもそういう風が吹いてるのかもっていう、そういう恐怖心が感じられましたね。

小林 素敵ですね。

淳 素敵ですか。アッハッハッ(笑)。

小林 自分も渡会っていうキャラクターに触発されて、自主映画で「逆徒」っていう映画を撮りまして。不良のリンチで殺されてしまった男の子が生き返ってきて、そこから不良の抗争の不安を煽る装置みたいに漂うんです。こっちのグループに現れては暴力行為を働いて、また風のように飛んであっちのグループで人を刺したりして去っていく。

なぜバイオレンス映画に惹かれるのか?

淳 そもそも監督がバイオレンス映画に惹かれてるのってどうしてですか?

小林 本物の不良の子たちに出演してもらって映画を撮ってたんですけれども、そのとき、不良の子たちにインタビューをして脚本を書いたんです。最初は武勇伝を聞かされると思ってたんですが、全く逆で、不良構造の上の人たちから圧力を受けるっていう話が多かったんです。

淳 虐げられてるみたいな? 

小林 そうなんです。それを聞いたときに、学校でも会社でも関係性が持つ暴力性そのものに似てるなと。人と人との関係にどうしても生じてしまう「どっちが上か?」みたいな、薄暗いものにすごく気が行くんです。

淳 そういうことか。

小林 不良の子たちに演技とかを付けると、ヒエラルキーが高い子ほど演技が上手くて。

淳 はいはい。

小林 ふだんから、下の不良の子たちには俺のことを舐めるなよっていう芝居をしてるし、上の人たちにはあんまりイジめると俺だって黙っちゃないんですよって見せている。不良の中で生き抜くバランスを取るための芝居を常に打ってるんですね。その芝居に失敗するとヒエラルキーから転落してしまうから。

淳 すごい分析! 良く気づきましたね。

小林 あっ、やっぱり意地悪なんで。勘ぐって見るのが好きで。

あわせて読みたい

「田村淳」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  7. 7

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  8. 8

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  9. 9

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。