記事

ススキノでの感染増加は由々しき事態 接待を伴う飲酒って何さ 結局、酒飲みの論理にうんざりさせられる

 また北海道、特に札幌でのコロナの感染拡大が顕著です。
道内感染また最多60人 新型コロナ 札幌も43人」(北海道新聞2020年10月24日)

「札幌市中央区のススキノ地区の新たなクラスター2件はいずれも接待を伴う飲食店のニュークラブで、道内59例目と60例目。59例目は従業員6人、60例目は従業員4人と客3人の感染がそれぞれ確認された。市は、いずれも濃厚接触者を把握できているとして店名を公表していない。ススキノ地区の接待を伴う飲食店関連の感染者は3店15人増えて73店272人となった。」
 このような状態でありながら濃厚接触を伴う店舗での飲酒が止められない、そして感染し、他人も感染させる、これほど非常識なことはありません。

 そこまでしてススキノに行きたいのか、行くの良いとしても何故、自省ができないのか、アルコールに毒された人たちのおぞましい姿にしか見えません。

 このようなところに、しかも今の時期に敢えて行く人たちは多数派ではないでしょう。ごく一部の非常識な人たちによる行動です。


 店舗では営業自粛という雰囲気は全くなさそうです。
感染最多 ススキノ危機感 道内51人 店側の対策「二極化」」(北海道新聞2020年10月24日)

「ニュークラブの男性店長(34)は「売り上げの回復が最優先だ。マスクをしない客を注意できない」と打ち明ける。客足は10月には7割まで回復した。張り紙などでマスク着用を求めるが、従わない客は多い。「客の危機感も薄まっていると感じるが、今の対応を続けるしかない」と話した。」
 店舗を開けておけば、こうした自省のできない客は舞い込んできます。クラスターが発生しようがしまいが、目先の営業の方が重要ですし、客がノーマスクであろうとこのような店舗であれば追い出してしまったら客は来なくなります。最初からクラスターを想定しての営業は批判されて当然です。

 店舗を休業したら死活問題だ!

 という問題ではありません。どの店舗であろうと、感染、特にクラスター発生を防ぐためにできるだけの対応も行っています。マスクをしない者を飛行機から降ろすというのも感染拡大防止の観点からはやむを得ないものです。客とトラブルになろうとも努力しているわけです。

 もちろんクラスターを発生させてしまったらその後の営業にも関わるという問題も抱えていますから、それだけ真剣になるのも当然でその辺りの事情に差はありますが、とはいえこうした社会の要請を無視して濃厚接触を前提とした営業を行うのも論外です。

 知事は、経済への影響を優先して営業自粛要請をためらっているようですが、このような店舗に何故、遠慮してしまうのでしょうか。

 本来であれば、このような業務を継続しているような店舗には営業禁止ができなければなりませんし(自粛要請に罰則をという議論とは違います。)、このような店舗が営業しなかったからといって北海道経済には何の影響もありませんし、むしろ、そうしなければススキノでまじめに感染対策を行っている店舗こそ迷惑します。

満員の飲み屋 パチンコ店 依存症対策と休業を要請するのであれば適正な補償を

 それぞれがみなコロナ感染を防ぎ、収束させたいという思いから、みなが努力しているのです。

 このような努力を無にする人たちは批判されて当然なのです。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  10. 10

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。