記事

社会民主党という名前と地方組織は残っても、所属国会議員はただ一人、ということになるのかな

いつまで持つか分からないが、それなりの歴史と伝統がある社会民主党が消滅しないことになったのは結構である。

衆議院選挙を目前にして何とか勝ち残りたい方々はそれぞれに社会民主党を離党して立憲民主党に入党する運びのようだが、そらがどれだけプラスに働くか分からないが、それなりに合理的な選択であることは否定しない。

福島瑞穂さんの執念が辛うじて社会民主党の「自力による消滅」を阻止したということだ。

社会民主党は福島瑞穂であり、福島瑞穂は社会民主党だ、と言っていい。

社会民主主義と共産主義が融合するようなことはないはずだと思っているので、社会民主党が共産党と一線を画すのは自然だろうし、純粋な社会民主主義者の方々が社会民主党の消滅と立憲民主党への合流に抵抗するのも十分理解出来る。

いずれにしても、福島瑞穂氏が政治の世界から引退しない限り、社会民主党が存続するのは間違いないようだ。

もっとも、所属国会議員一人でどこまで政党として存続出来るか。

福島瑞穂氏の今後の活躍ぶりにも注目しておいた方がよさそうだ。

あわせて読みたい

「福島みずほ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。