記事

古市憲寿が杉田水脈衆院議員に伝えたい「ジェンダーフリーは家族観の崩壊か?」 『絶対に挫折しない日本史』より#1 - 古市 憲寿

1/3

 発足直後は大きなイデオロギー対立がないように見えた菅政権だが、ここにきて、日本学術会議の会員任命拒否が「学問の自由」の侵害にあたるか否かが、左右の大きな対立軸となっている。

 だが実は安倍政権以来、保守とリベラルの対立軸としてずっと横たわっているのが、「家族」の問題だ。

 代表的なのは、最近も「女性はいくらでもうそがつける」という発言が問題となった杉田水脈議員の主張。彼女は、「昔の日本は夫が外で働き、お金を稼いで妻にわたし、家計のやりくりをしていた」とし、「夫婦別姓、ジェンダーフリー、LGBT支援などの考えを広め」ることは、「日本の一番コアな部分である『家族』を崩壊させ」ると主張している。

 自民党全体でも、2018年、未婚のひとり親が控除を受けられるようにする制度改正を「伝統的な家族観が崩れる」という理由で見送っている。おそらく自民党の議員が言う「伝統的な家族」とは、夫がいて妻がいて子供がいる、という家族像だろう。この家族観は、日本の一定数の人がすんなり受け入れているものである。


©iStock.com

 だが、歴史を紐解くと、それが本当に「伝統的」なのかは、甚だ怪しいようだ。

 発売1ヵ月足らずで7万部を突破しているベストセラー、古市憲寿氏の『絶対に挫折しない日本史』で古市氏は、そうした伝統的家族像は、俯瞰した日本史から見ればごく最近生まれたものだと語る。

 同書から、「家族と男女の日本史」の章を一章丸ごと公開する。(全2回の1回目。#2を読む)

家族はいつ始まったのか

「家族」を定義するのは難しい。集団生活は人類史と同じくらい古いが、「働く男、家を守る女、子ども」といった「家族」は普遍的でも何でもないからである。

 そもそも、人間以外の霊長類は、「家族」を持たない。オスとメスがセックスをして子どもを残すことと、彼らが一緒に住み続けることは同義ではないからだ。

 ゴリラやチンパンジーの社会では、メスが母親のもとを離れ、パートナーを見つけ出産をするという。おそらく初期人類も同様の行動を取っていたと考えられるが、サバンナに進出することでその行動は変化を迫られた。

 外敵の多いサバンナで、人類は多産になったらしい。しかし人類は乳児期が長く、成長するまでに数年を要する。手のかかる子どもを助けるために男が育児に参加し、共同保育が促進された。それが「家族」の起源ではないかという説がある(注1)。

 しかし本当のところは、謎ばかりだ。大きく分けると、「家族」の始まりには2つの説がある。男女は共に複数の男女と性的関係を持ち、集団の大人が協力して育児にあたっていたという「古代コミューン」説と、嫉妬深い夫婦と子どもによって成立する核家族が古くから存在したという「永遠の一夫一妻制」説である(注2)。

「家族」らしき人々が一緒に埋葬されている事例も

 おそらくは、どちらの集団も存在したのだろう。時代や地域によって、様々なグループがあったはずで、人類社会に共通した「家族」の起源を探求する必要はないと思う。

 日本列島に限っても、やはり古代の家族のことはあまりわかっていない。ただし「家族」らしき人々が一緒に埋葬されている事例は見つかっている。宮城県の貝塚から見つかった8体の人骨は、頭蓋骨に類似した特徴を持っていて、遺伝的に強い関係を持っている可能性が高いという(注3)。列島中から同様の事例が発見されているので、縄文時代には「家族」を単位とした墓が珍しくなかったのかも知れない。

 しかし「家族」といっても、あまり現代のイメージに引きずられてはいけない。たとえば、同じ場所から男女の骨が発見された場合、現代人はそれを「夫婦」だと考えてしまいがちだ。しかし、それは「きょうだい」かも知れないし、「主人と奴隷」の場合だってあるだろう(注4)。

あわせて読みたい

「家族」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  5. 5

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  6. 6

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  9. 9

    在宅勤務でも都心に住むべき理由

    PRESIDENT Online

  10. 10

    官僚の働き方 仕事の質改善が先

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。