記事

北京は大戦略を3回変えた

1/2

今日の横浜北部は曇りから雨のすっきりしない一日でした。

さて、一部では話題になっている、ブルッキングス研究所の中国専門家ラッシュ・ドシによる意見記事の試訳を。

著者は現在のバイデンの選挙にもアドバイスを行っているという人物です。

やや長いですが、まずは記事をお読みください。

====

北京は「トランプ大統領がアメリカの衰退を加速させている」と信じている

8月、米国家情報局長室は、中国が「トランプ大統領ーー北京が予測不可能と見ているーーの再選を望んではいない」と公式に発表している。しかし、この評価は話の半分しか伝えておらず、中国の公開情報によれば、その実態はもっと複雑であり、さらに注意して見ていく必要がある。

たしかに中国の指導者たちは、最近のドナルド・トランプ大統領の攻撃的な態度から解放されたいと望んでいるかもしれないが、同時に彼がアメリカの国力を弱め、その衰退を加速させたとも考えている。

そして重要なのは、この「衰退を加速させた」という判断なのであり、結果として北京はアジアのみならず、世界中でもワシントンに挑戦しようという気になっている。

私が近刊『長いゲーム:アメリカの秩序を破壊する中国の大戦略』で論じているように、中国の指導者たちは、絶えずアメリカの国力を評価・検証しつづけてきた。

冷戦が終わって以来、中国のトップの指導者たちは、中国の大戦略を「多極性」や「国際的な権力の均衡」といった概念に公に宣言してきた。これらは基本的に、中国とアメリカの権力の相対的なバランスを表す、丁寧な婉曲表現である。アメリカの国力についての認識が変わるたびに、中国の戦略は全体的に変化してきたのだ。

過去30年の間に、このような変化は2回起こっており、結果として2つの戦略を生み出してきた

最初の変化は天安門事件の後であり、ソ連の崩壊によって中国は、アメリカーー冷戦時代には半分同盟状態であったがーーを、強力でイデオロギー的にも脅威に満ちた「敵国」とみなすようになった。これを受けて、鄧小平や江沢民などの中国の指導者たちは、中国に「能力を隠して時間を待つ」ことを奨励した。

この中国の最初の大戦略(韜光養晦)の狙いは、アメリカの地域的な影響力を静かに鈍らせる(blunting)ことにあった。

北京はアメリカの軍事力を阻止するために、非対称的な能力を利用し、アメリカの経済面による強制を抑制するために貿易協定を締結し、アメリカのルール設定や同盟構築を阻止するために、地域の制度に参加している。

2回目の戦略転換のチャンスは、その20年後となる2008年の世界金融危機(リーマンショック)の時に、北京がアメリカの弱体化を確信したときに訪れた。中国の指導者である胡錦濤は「積極的に何かを成し遂げる」ことを強調するように、鄧小平時代の戦略を修正した。

この中国の第2の戦略では、地域秩序の「構築」(building)が狙われた。 北京は地域に介入するための戦力投射能力を公然と追求し、一帯一路構想と経済的な国家運営を利用して他国に影響力を与え、地域のルールを設定するための国際機関を構築しはじめた。

現在、私たちは第3の戦略転換期を迎えている。このプロセスは4年前、英国が欧州連合(EU)からの離脱に投票し、ドナルド・トランプがアメリカの大統領に選ばれたときから始まった。

北京は、世界で最も強力な民主制国家が、自分たちが築いた国際秩序から離脱していくことにショックを受けた。中国の中央党派学校の陳慈民(Chen Jimin)が観察したように、中国の若返りを促進するという意味で「トランプ政権とブレグジットは、素晴らしいパフォーマンスを披露」してくれたのだ。

その後まもなく、中国共産党の米国の権力についてのおなじみの婉曲表現は、すべてがトランプ政権がアメリカの相対的な衰退に寄与しているだけでなく、その衰退を加速させているという信念を指し示すようになった。最高幹部たちの間では、「多極化」は今や不可逆的なものとみなされることが多くなった。そして「国際的な力の均衡 」は「ますます均衡を保っている」と言われるようになったのだ。

しかし、最も重要なことは、2017年初頭のトランプ大統領就任のわずか1週間前に、中国は戦略の指針となる新しいフレーズをデビューさせたことだ。それは清代の屈辱的な状態から習近平時代での上昇という意味で、世界は「100年間見ることのなかった大きな変化」を経験しているというものだ。 この包括的な言葉は、習近平のほとんどの主要な演説や公式文書、それに中国の戦略家や学者による何千もの記事で誇らしげに使われている。

この発言の背後にある自信は、2016年以降の党の権威ある文書などにおいても共通して見られる。 中国の指導者の重要な外交政策演説について党幹部向けに書かれたある公式の文書には、「西洋の政権は権力を握っているように見えるが、世界情勢に介入する意欲と能力は低下している。米国はもはや世界の安全保障と公共財の提供者になることを望んでおらず、その代わりに一方的な、さらには民族主義的な対外政策を追求しているようだ」と書かれている。

そして、2018年に歴史上数回しか開催されていない対外政策を論じる会合で習近平自身が述べたように、「中国は近代以来最高の発展期にあり、世界は過去100年で初めての大きな変化の状態にあり、この2つのトレンドは同時に織り交ぜられ、相互に影響し合っている」のだ。

中国の著名な対外政策の学者たちは、この時期にさらに鋭い指摘をしている。彼らは、「100年に一度の大きな変化」における「最大の変化」は、中国と米国の間のパワーバランスの変化であると主張してきた。

例えば朱鋒(Zhu Feng)は、欧米諸国がポピュリズムに消費されていく中で、「東は上昇し、西は下降する」と宣言している。

閻学通(Yan Xuetong)は、「トランプが米国主導の同盟システムを破滅させた」と主張し、「冷戦終結以来、中国にとって最高の戦略的好機の時期を迎えた」と述べている。呉心伯(Wu Xinbo)は、アメリカが「精神的に疲弊し、肉体的に弱く、もはや世界を背負うことはできない」と評価している。金燦栄(Jin Canrong)は、公式の定型文を修正して、「世界の構造は1つの超大国と多くの大国がいる状態から、2つの超大国と多くの大国による状態へと変化している」と指摘している。

米国に対するこのような認識の変化は、新型コロナウイルスの世界的な大流行の前から起こっていた。 そして、過去のアメリカの力の再評価が戦略の変化の引き金となったように、今回の再評価も同じく変化につながった。トランプ大統領の就任1年目に、習近平は一連の大演説の中で「韜光養晦」の時代「から脱却して」、「世界の中心の舞台」に向かう時期に来たと示唆したのだ。

この中国の第3の大戦略は「拡大」(expansion)に焦点を当てたものである。それは、中国の影響力をアジアを超えて拡大させ、米国の世界秩序の土台に挑戦しようとするものだ。トランプ大統領の当選以来、習近平は北京に対し、「グローバル・ガバナンスの体制改革をリード」し、様々な国際的課題に対して「中国の解決策」を提供するように繰り返し奨励してきた。そしてこれは現在、中国のシンクタンクや大学の研究の最優先事項となっている。

このグローバル化の一環として、北京はまた、海外に施設を持つグローバルな軍事力の追求、主権を持つデジタル通貨で米国の金融力に直接挑戦することや、地域的な制度だけでなく、グローバルな制度を再構築すること、「第四次産業革命」の技術面で意識的に競争することなどを始めており、いずれもアメリカが残した空白を埋めることを視野に入れている。

あわせて読みたい

「米中関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  2. 2

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  4. 4

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  5. 5

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  6. 6

    検査少ない東京 実際の感染者は

    ktdisk

  7. 7

    ジリ貧の書店 サービス不足原因?

    吉田喜貴

  8. 8

    自民党も評価 公正だった民主党

    非国民通信

  9. 9

    対案出さない野党「追及で十分」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    香港民主派の周庭さんら3人収監

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。