記事

《瀬戸大也・不倫余波》妻・優佳さんの告白「神様が私たちを試してる」に水泳関係者から「さすがだよね」の声 - 小野 歩

 瀬戸大也の立場はこの1カ月で180度変わってしまった。

【画像】ウェディングドレス姿で指輪を見せる優佳さん

 女性問題が報じられた9月24日までは、「東京オリンピックの金メダルに一番近い男」。それ以降は「最低の不倫男」。所属先だったANAとの契約は解除され、味の素など多くの広告契約も打ち切りになった。

不倫が発覚した瀬戸大也 ©getty

 10月13日に日本水泳連盟から年内の活動停止という処分が下り、大会や合宿に参加することもできなくなった。

 しかし、ことはそれで終わらなかった。妻である優佳さんが、「現代ビジネス」のインタビューに答えたのだ。夫の不倫が発覚した直後にもかかわらず、自ら公の場に登場して経緯や心境を語った。

「彼から『話がある』と打ち明けられて……」

 例えば、瀬戸の不倫を知った経緯のくだり。

 報道が出る2日前、瀬戸の実家に滞在しているときに「彼から『話がある』と打ち明けられました」。話を聞いて何を思ったか、どんなふうに返したか、「振り返ってみても一切思い出せないのです」。

 そんな話から始まる告白が伝えていたのは、ひとまず離婚という選択はないこと、夫とともに問題に向き合うという決意だ。

「今回の報道が出た時、もちろん別れることも頭を過りました。でもあまりのタイミングに、途中から『神様が私たちを試してるんじゃないかな?』と思い始めたんですよね。これは『瀬戸大也は一度どん底に落ちないと変われない』というメッセージなのだろうと。

 人間である以上、誰だって失敗はします。大事なのは、その失敗から何を学ぶか。結婚式で『病める時も健やかなる時も』と誓った以上、私自身この騒動を経た彼がどう変わるか見届けてからじゃないと離れられない。(中略)まずはしっかり夫婦で向き合って、それから判断しても遅くはない。そもそも私は、そんなゆるい覚悟で結婚したわけじゃありません」(現代ビジネス「瀬戸大也選手の妻・優佳さん『このままでは家庭が壊れてしまうかもと思っていました』」より)

「戦略的な火消しでしょう?」

 瀬戸の不倫報道でもっとも傷ついたはずの優佳さんの力強ささえ感じさせる言葉の数々。このインタビューはしかし、相反する2つの反響を巻き起こした。

 かたや、「なんて素晴らしい奥さんなんだろう」という称賛の声。瀬戸を責めるでなく、かばうでなく、問題に一緒に立ち向かう姿勢は確かに尊い。

 しかし一方で、それとは正反対に優佳さんの行動の裏を読む、こんな声も聞こえてくる。

「戦略的な火消しでしょう?」

 つまり瀬戸を守ろうとする誰かが、問題を鎮静化させるために優佳さんに言わせたのではないか、という勘繰りである。意地悪な推測ではあるが、いかにもありそうなシナリオでもある。

仲間内では「優佳ちゃん、さすがだよね」

 果たしてどちらが真実に近いのか。2人をよく知る水泳の元日本代表選手はこう語る。

「仲間内では、『優佳ちゃん、さすがだよね』という話に自然となりました」

 優佳さんは飛込みの日本代表として活躍していたので、水泳界では瀬戸も優佳さんも知る人は少なくない。そんな、人柄を知る人たちから出た「さすがだよね」、とはどういう意味か?

「優佳ちゃんは現役の頃から、芯が強くてまっすぐな選手でした。インタビューはいかにも彼女ならではの、現役当時を思い出すような内容でした。誰かに頼まれてインタビューに応じた、話したようにはとても見えませんでしたね。

 火消しのためという意図もあったかもしれませんが、事務所や連盟が頼んだというより、何にせよ、自分の意思で動く人。瀬戸の一番の被害者である優佳ちゃんが自ら動いたのですから、それが火消しかどうかはあまり関係ない。『もう周りは何も言えないな』と思わせた彼女の勝ちでしょう」(同前)

関係者が感じた“優佳さんの凄み”

 水泳連盟の関係者も、優佳さんがインタビューに応じることは知らなかったという。

「連盟からは頼んでいないと思います。それよりも本人が、いま思っていることを伝えたかったから話したのでしょう。私も記事を読みましたが、彼女の葛藤や思考過程、それに瀬戸への思いが伝わってきた。さすがアスリートという強さを感じましたね」(日本水泳連盟関係者)

 この関係者2人に共通しているのは、今回の行動は「いかにも優佳さんらしい」と感じていることだ。誰かに担がれて出てきたという説には、どちらもリアリティを感じていないという。

 さらに水泳連盟関係者はこう続ける。

「優佳さんの凄みを感じました。大也がやらかしたこと、トップアスリートらしからぬ甘さやダメさも、報道で表に出ていなかった部分まで晒け出して語っている。

 あの言葉は多分、世間というより大也ただ1人に向けられているのではないかと感じました。『あなたのどういうところが駄目だったか、何が問題だったか、気づくべき、変わるべきところ』を指摘したわけです。

アスリートとして培った優佳さんの強さ

 これで本人も、優佳さんも、世間さえも大也の問題点を知ることになりました。指摘された部分を変えられるかどうかを、みんなが見ている。つまり、公開の場で覚悟を突き付けたと言っていいと思います。大也を見守る先頭に自分が立つことで、世間の空気を一気に変えてしまった。なんて力強いんだと思いました」

 その言動から浮かび上がってくるのは「愛情を失わず夫を支える健気な妻」という姿ではない。瀬戸の不倫という最悪の出来事さえも、状況を好転させる機会にする。この転んでもただでは起きない精神は、アスリートとして培った優佳さんの強さを物語っている。

 果たして瀬戸にそれを受け止める度量があるかないか。問題はそこに集約されることとなった。

(小野 歩/Webオリジナル(特集班))

あわせて読みたい

「瀬戸大也」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  5. 5

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  6. 6

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  9. 9

    在宅勤務でも都心に住むべき理由

    PRESIDENT Online

  10. 10

    脆弱な医療体制に危機感ない政府

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。