記事
  • ロイター

仏、英との通商交渉で軟化か 漁業権で妥協の可能性=関係筋


[パリ/ブリュッセル 23日 ロイター] - フランス政府が英欧州連合(EU)離脱後の漁獲量の減少に向け、水産業向けの対策について準備を進めていることが、業界関係者の話で分かった。EUが英国との通商合意を成立させるために妥協に備えている可能性がある。

英EU間の通商交渉で漁業権は最大の障害の一つとなっている。フランスのマクロン大統領は漁業権を巡り、これまで強硬姿勢を取ってきたが、先週のEU首脳会議後には、年末以降の国内産業が足元と同じ状況になることはもはやないと発言。フランス政府の姿勢が軟化している兆しとなった。

関係者によると、フランス政府は非公式に、水産業に対し英EU離脱の影響に備えるよう明示してきたという。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  6. 6

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  7. 7

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  8. 8

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  9. 9

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。