記事
  • ロイター

ロシア中銀、政策金利4.25%に据え置き コロナ禍で利下げ余地


[モスクワ 23日 ロイター] - ロシア中央銀行は23日、政策金利<RUCBIR=ECI>を過去最低水準の4.25%に据え置くと決定した。据え置きは予想通り。ただ新型コロナウイルス感染拡大を巡る状況が悪化する中、利下げの余地はあるとの見解を示した。

中銀は、通貨ルーブル相場の下落による消費者物価の押し上げ効果が続いていると指摘。ただナビウリナ総裁は記者会見で、新型ウイルスの感染拡大に加え、世界経済の減速はディスインフレ効果をもたらすとし、「政策金利引き下げの余地はまだあるとみている」と述べた。

中銀は声明で「今後の政策決定会合で一段の利下げの必要性を検討する」とし、前回の文言を踏襲。金融政策は21年も緩和的に維持すると表明した。

経済成長率見通しについては、2020年はマイナス4─5%になるとし、従来のマイナス4.5─5.5%から上方修正。ただ21年はプラス3─4%とし、プラス3.5─4.5%から下方修正した。

市場では、12月18日の次回会合で利下げが決定されるか懐疑的な見方が出ている。

キャピタル・エコノミクスは、来年2月に25ベーシスポイント(bp)の利下げが決定されると予想。21年末までに政策金利は3.50%まで引き下げられるとの見方を示した。

ロッコ・インベストも、政策金利が21年中に4%を下回ると予想している

中銀の政策決定を受け、ルーブル相場は上昇。対ドル<RUBUTSTN=MCX>で76.12ルーブルと、9月22日以来の高値を付けたほか、対ユーロ<EURRUBTN=MCX>で90.15ルーブルと、約1カ月ぶりの高値を付けた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  3. 3

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  4. 4

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  5. 5

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  6. 6

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  9. 9

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  10. 10

    マスク拒否めぐる米の悲惨な歴史

    ビッグイシュー・オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。