記事

人妻を抱擁、スタッフにウィンク……“裏切り者”木村拓哉が“再ブレイク”を果たした本当の理由 キムタク流を受け継ぐキスマイ、キンプリ、スノーマン - 川田 南雲

1/2

 今年いっぱいで嵐が活動休止、来年3月にはTOKIO・長瀬智也(41)も退所するなど、これまでアイドル王国を支えてきた主要メンバーが次々に去っていくジャニーズ事務所。“世代交代”が進むなか、なお存在感を増している“アラフィフアイドル”がいる。

【画像】キムタク流を受け継ぐキンプリ平野

 元SMAPの木村拓哉(47)だ。

©文藝春秋

 2016年、木村はSMAP解散騒動で“裏切り者”のレッテルを貼られ、しばらくは完全なヒールだった。2016年の新年早々に「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)で生放送された謝罪会見は衝撃的で、真ん中に立った木村だけが話し、他の4人は黙って立っているだけ。ファンはジャニーズ事務所内での木村と他の4人の“扱い”の違いをまざまざと見せつけられた。

「あの謝罪の仕方は最悪でしたね。報道などもあわせて、独立を企てた4人に対して、木村が仲介してジャニーズに詫びを入れたという構図が醸成されていました。(現・名誉会長である)メリー喜多川氏とも関係のいい木村の妻・工藤静香が、木村に独立を思いとどまるように説得したという経緯もあり、事務所も木村をあからさまに特別扱いし、それがまた視聴者の反感を買ってしまった」(テレビ局関係者)

 結局、SMAPは2016年いっぱいで解散し、同時に香取慎吾(43)、草彅剛(46)、稲垣吾郎(46)がジャニーズ事務所を退所。残留した中居正広(48)もグループ解散から3年3カ月を経て、今年3月末日に退所した。

「当初、世間の木村への印象は完全に“裏切り”でした。『文春オンライン』が2020年2月に公開した『嫌いなジャニーズ』でもワーストワンでしたもんね。かつては他の追随を許さないトップスターだったので、こんな状況になるものかと驚きました」(女性誌編集者)

 しかしそんな風向きも徐々に変わり始める。前出のテレビ局関係者が語る。

「2020年1月に放送された、警察学校での冷酷無比な白髪の教官役を演じたスペシャルドラマ『教場』(フジ系)で、いい意味で“キムタクらしくない演技”を披露し、俳優としての評価があがりました。2020年5月からインスタグラムを始めたこともあり、若い世代の間でも“渋いおじさん”として再ブレイクしました。

 2019年に次女のKoki,さんが、翌年に長女のCocomiさんがデビューしたことも再評価への後押しになったとは思いますが、娘2人が鮮烈なデビューを飾れたのも、なんだかんだ木村さんの実力あってのことでしょうね。彼はプロのスターなんです」

ADに「ありがとう!」とウィンクし指を鳴らす

 前出のテレビ局関係者が収録現場での木村の様子を明かす。

「木村さんはものすごくプロ意識が高い。番宣などで出演するバラエティ番組への姿勢もとにかく真面目なんです。バラエティ番組の収録は、スタッフがカンペを出すので、ほとんどの芸能人はセリフはもちろん、段取りも覚えずに現場入りすることが多いのですが、木村さんはばっちり台本を頭に入れている。共演者が段取りを忘れていたときにフォローしていたこともありました。

 その分、スタッフが甘い仕事をしたときはめちゃくちゃ怖い。『テメー、オイ!』と声を荒げることもあります。元SMAPの中居さんはスタッフに対して冷静に指摘するタイプなので、木村さんの怖さはより際立っていましたね」

 だからと言って木村が敬遠されているかと言うと、そうではないという。

「木村さんは舞台裏でも常に“キムタク”なんです。以前、トイレに先導したADに対して、木村さんが『ありがとう!』と言ってウィンクし、パチッと指を鳴らしたことがありました。当時、その話を聞いていた人はみんな『さすがキムタク……』と驚いていました(笑)。

「木村さんがいる現場は雰囲気がいいんですよ」

 しかも木村さんは収録現場でほとんど楽屋に帰らない。スタジオには前室といって、出演者や共演者がみんなで休憩できる場所があるのですが、木村さんはたいていそこにいて、共演者やスタッフと談笑しているんです。若手にも普通に話しかけるし、顔見知りのスタッフには友達言葉で話すこともある」(同前)

“キムタク伝説”はほかにもある。他のテレビ局関係者が語る。

「放送作家の鈴木おさむさんが森三中の大島美幸さんと結婚される前、鈴木さんが関係者に『今度この人と結婚するんだ』と大島さんを紹介して回っていたことがあるんです。紹介された人は『ウソ! マジ⁉』と驚いたり笑ったりというリアクションばかりだったそうですが、木村さんだけは違った。無言で大島さんをぎゅっと抱きしめて祝福したんです。人妻になろうとする人を抱きしめるってどういうこと?って感じもありますが、木村さんだったらアリに思えるから不思議ですよね(笑)」

 前出のテレビ局関係者が続ける。

「木村さんはもう体の芯までスターであることが染みこんでいて、老若男女すべての人に『かっこいいと思わせてやる』という気概を感じます。番組の取材に来た記者に対しても、目をしっかりと見て『木村拓哉です』と挨拶するし、『記事を読ませてもらいました』と言うこともありました。 ただやっぱり女性がいるとよりアイドルスイッチが入りやすい。だから木村さんの現場には女性アナウンサーやアイドルをツモる(共演させる)ことが多い」

『ロングバケーション』までは主役を張れなかった

 木村の人たらしエピソードは枚挙に暇がない。スポーツ紙芸能デスクは「それも彼が身に付けた処世術。実は、木村は若いころ苦労をしているんです」と明かす。

「木村は1987年、中学3年の時にジャニーズに入所。おばさんが本人に内緒で履歴書を送ったのがきっかけだった。光GENJIのバックで踊るスケートボーイズのメンバーになり、翌1988年にSMAPが結成された。当時からジャニオタの間ではクールな王子さまとして人気でしたが、連ドラの主演に抜擢されたのは稲垣吾郎が先なんです。

 1992年に稲垣吾郎が『二十歳の約束』(フジ系)の主役を演じましたが、木村が同時期に演じたのは一色紗英主演の『その時、ハートは盗まれた』(フジ系)の憧れの先輩役。主役ではないのです。1993年の『あすなろ白書』(フジ系)でもお調子者のサブキャラだった。1996年に初主演した『ロングバケーション』(フジ系)でブレイクしましたが、それまでは木村本人も不本意だったでしょう。

 そういう経緯もあって、木村はスターであることに慢心しない。しかも彼は『どうすればカッコよくみえるのか』『どうすればダサいのか』に鼻が利くんです」

あわせて読みたい

「木村拓哉」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  5. 5

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  6. 6

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  7. 7

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  9. 9

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  10. 10

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。