記事

「世代交代」が起きず、年長者が居座る業界に未来はない

1/3

先ごろ、ネットニュース編集・PRプラニングの第一線から身を引き、「セミリタイア宣言」をしたライターの中川淳一郎さん。「このまま自分がウェブメディア編集の世界に居座っていたら、老害をまき散らして、若者に迷惑をかけてしまうのではないか」と考え、自ら進んで「世代交代」を起こすことにしたと語る。その真意とは──。

年長者
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Deagreez

年長者が持っておくべき「引き際」の意識

2020年8月31日にセミリタイアをしてから、2カ月が経とうとしている。実に穏やかな心持ちだ。後悔は一切ない。

これまでの主業務だったネットニュース編集者、そしてPRプランナーの仕事を離れて、今後はライターとして細々と生きていこうと決めた。そう考えるに至った背景についてはこの連載でも過去に述べたが、大きな理由のひとつは「老害として周囲に迷惑をかける前に自らサッと身を引き、後進に道を譲る」ことが、年長者としての作法だと悟ったからだ。

そこで今回は「世代交代」という視点から、改めて年長者が持っておくべき「引き際」の意識について考えてみたい。

身体能力の衰えが成績で端的に表れるアスリートの世界には、世代交代のタイミングが明確に存在する。だが、その他の身体能力がそれほど重要ではない職業においては、そのタイミングが曖昧である場合が多い。

上が詰まっていると、若手が苦労する

お笑い芸人の世界を見るとわかりやすいが、「BIG3」とも評されるビートたけし、タモリ、明石家さんまが頂点に長らく君臨し続けている。1980年代からトップを走ってきた彼らはいま、60代半ば~70代だ。また、その下の世代、50代後半のダウンタウンやウッチャンナンチャン、そして40代~50代前半のいわゆる「ボキャブラ世代」が、現在のテレビ番組をほぼ牛耳っている。

最近は「お笑い第七世代」と呼ばれる一部の若手芸人たちが気を吐いているが、一視聴者の私からすると「上が詰まっているから、若手は大変だろうなぁ」と思わずにはいられない。

一方、俳優であれば年齢なりの役柄が求められるため、お笑いの世界ほど「上が詰まっている」状態にはなっていない。まぁ「高齢者役」の枠にも激しい競争があって大変だろうが、これはこれでお笑いとは異なり、健全な状態といえるのではないか。

若者が活躍しやすいウェブメディア業界

私は「若手にこそ、チャンスはたくさん与えてナンボ」「若くても実力があるなら、年齢に関係なく評価されるべき」だと考えている。その視点で、私がこれまで仕事をしてきたウェブメディア業界を眺めてみると、他の業界・業種に比べて、比較的若手が力を発揮しやすい環境になっていると感じる。

ウェブメディア業界では、47歳の私などは相当な「ベテラン」である。いや、若者が続々と参戦してくる職種なだけに、もはや「ロートル」「老害」とも解釈できる年齢になっていると思う。

私は2006年からウェブメディアに関わる業務を開始したが、この14年間、周囲では常に変化が起こり続け、さまざまなサービス、手法、概念が生み出されては衰退していく姿を目の当たりにしてきた。正直、その動きに追い付いていくだけで激しく消耗してしまうほど、とてつもなく熾烈な競争社会だった。日々、あまりにも多くのことが変わっていくので、ついに付いていくのがキツくなった。「後は若い皆さんで……」と言い残して去りたくなり、ずっと考えてきたセミリタイアを実行に移した。

オフィス
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/recep-bg

ウェブメディア業界の動向に付いていけない

ウェブメディア業界の動きの速さを整理する意味で、2006年以降、変化した事柄をいくつか挙げてみる。

・かつて800字でも「長い!」と不評だった記事の文字量は、この数年で3000文字を越えてもOKになった。
・ライターのカメラ撮影技術が上がり、「いかに上手な写真が撮れるか」も競争優位性に繋がるようになった。
・ヤフーニュースの相対的影響力が減り、「成功法則」が多種多様になってきた。
・とはいうものの。ポータルサイトとしてはヤフーの一人勝ち状態が継続中で、その他のポータルサイトの重要性が相対的に減ってきた。
・適切な記事タイトルの長さとして「16字説」「20字説」「28字説」などいろいろな変遷があったが、「別に50文字あってもいいじゃない。長いか短いかより、伝わるかどうかでしょ」といった考え方が出てきて、オッサンにはもうワケがわからない。
・タイトルの成功法則について「芸能人の具体的名前が入っている」など端的な条件設定が最近は出てきているらしい。
・とにかく競争相手が多過ぎて、今後の成功モデルを描きにくい。

こうした状況を見るにつけ「もう自分の時代は終わった!」と考えるに至ったのだ。そんな状況でロートルにできることは、後進にすべてを譲ることくらいである。そして、自分は今後「40代でセミリタイアをした男の幸せな生活」をいかにして人々に伝えていくかが使命になる……そう思うようになった。

あわせて読みたい

「ビジネス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  4. 4

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  5. 5

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  6. 6

    「小泉さんの仕事」橋下氏が指摘

    橋下徹

  7. 7

    防衛省の給与引き下げに「反対」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  9. 9

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

  10. 10

    今井絵理子議員の手話質問を称賛

    山下雄平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。