記事

10月23日(金)ムネオ日記

 アメリカの大統領選挙、最後のテレビ討論会が行われた。

 9月のテレビ討論会では、トランプ大統領が司会者が制止したにも関わらず無視して発言し、議論そのものが成立しない状況だったが、今回は相手の発言中はマイクを消音にし、不規則発言は出来なくなり、それぞれの主張、考えがわかるようになった。

アメリカの大統領選挙で驚くのは、巨額の政治献金、選挙資金である。

 今日の日本経済新聞朝刊1面で、「献金青天井 最終盤を左右 大統領選 富豪の政治力強く」という見出し記事がある。

 記事によるとトランプ大統領は8億805万ドル(約870億円)、バイデン候補は11億8287万ドル(約1250億円)の多額にのぼる。

 日本では、かつて角福戦争と言われた自民党総裁選挙でも10億とか20億かかったと言われ批判を受けた事がある。

 アメリカの桁違いの費用に唖然とするばかりである。トランプ大統領74歳、バイデン候補77歳、二人ともそれなりの年齢だが、大したエネルギーをもっていると驚くばかりだ。

 読者の皆さんはいかが受け止めただろうか。

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。