記事

「盗用疑惑」 ウヤムヤにしたとろで…

 7~8年前、実際にあった話だ。3日も一緒に仕事をすれば化けの皮がはがれるインチキジャーナリストAがいた。打ち合わせの段階で対談相手から聞き出した情報を、まるで自分が集めてきたかのように話すので、相手はよく怒っていた。

 実力はからきしないが、一流国立大学出身のAは箔をつける狙いもあり単行本を某出版社から出した。

 ところがその単行本はルポライターBの作品を剽窃していたことが、初版を出して間もなく暴露された。「て・に・を・は」まで一緒というのだから丸写しもいいところだ。世間をなめているとしか言いようがない。

 筆者はAをよく知っていたので、驚きもしなかった。一流の部類に入る出版社の編集者は、Aのインチキ加減をなぜ見抜けなかったのだろうか?担当編集者に電話して聞いた。

 「Aは知識もないし、まして自分で取材なんてできるタマじゃない。話していて分からなかったのですか?」

 「そ、それが分からなかったんです。こちらとしては損害賠償を求めることでAと話を進めていまして…」。出版社もAの原稿が盗作であることを認めたのである。

 自分の作品をパクられたルポライターのBさんは、Aを著作権侵害で訴えて当然なのだが、そうはしなかった。Bさんの原稿もどこからか無断で引っ張ってきたものらしいのだ。

 Bさんがぐらついているので告発する人も出て来ず、Aの著作権侵害は“立件”されずじまいだった。盗作疑惑がウヤムヤに終わるケースが多々あるのは、こうした事情からだ。

 Bが盗んできた物をAが盗んだ。Bは自分の窃盗がバレるのが怖いからAを訴えない。だからと言ってAの盗みが帳消しになるわけではないのだが。

 スキャンダルを得意とする月刊誌の編集者が、Aに事実関係の確認をするために電話取材を申し入れた。

 Aは「弁護士に言いますよ」と強がった。

 弁護士も何も、出典を言いさえすれば済む話なのだ。

 疑惑の目を向けられている人物が出典を明かすことなく、「弁護士からあなたの所に連絡が行く」「法的措置を取る」などという脅し文句を持ち出してきた時、この人物は盗用に手を染めていると判じてよい。

あわせて読みたい

「ジャーナリズム」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  4. 4

    「コカ・コーラは永久不滅!」雅楽師の東儀秀樹が深い”コーラ愛”を語る

    ふかぼりメメント

    05月08日 00:00

  5. 5

    総選挙前に自民党総裁選? 安倍晋三元首相が再登板の可能性

    内田樹

    05月07日 14:46

  6. 6

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  7. 7

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  8. 8

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  9. 9

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

  10. 10

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。