記事

欧州のコロナ第2波襲来「目先の利益」優先する心理も影響

夜間外出禁止令が発効される前日、食事を楽しむ人々で混雑したパリの飲食店(写真/時事通信社)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、再び新型コロナウイルス感染拡大の第2波に直面しているヨーロッパについて。

 * * *

 コロナの第2波に見舞われているヨーロッパの各国で、再び厳しい行動制限が始まっている。多くの国で新規感染者数の最多記録を更新し、10月16日にはヨーロッパ全体で1日あたりの新規感染者数は約15万人を越えた。第1波の時は多くても4万人程度だったというから、加速度的に感染が拡大していることになる。

 最近は報じられなくなったが、日本国内の新規感染者数は10月21日に新たに620人が確認され、累計で9万4750人に達した。他国と比較してPCR検査数が少ないということもあるが、桁が違うのは間違いない。フランスやイギリスの累計感染者数は間もなく100万人に達する勢いだというから、日本とは比べものにならない感染状況なのだろう。

 4月をピークとした感染の拡大も、夏に向け徐々に収束傾向にあったヨーロッパ各国。厳しいロックダウンを解除し、多くの店が営業を再開し、バカンスシーズンを迎えた。人が集まり移動しはじめたことで、「もう大丈夫だろう」と人々の危機感が薄れ、再び感染が拡大してしまった。その理由の一端にあるのは「現在志向バイアス」だ。

 現在志向バイアスとは、将来の利益より目先の利益を優先させてしまうこと。未来より現在の利益に重み付けをする傾向のことをいう。例としてよく用いられるのがダイエットや不倫。つい目先の甘い誘惑や喜びを優先させてしまうというのも、このバイアスによるものだと言われる。

 1日あたりの新規感染者数が3万人を超えるフランスでは、マクロン大統領が10月14日、夜間外出禁止令を発令。17日の21時から発効された。発効直前のパリ市内の様子がニュース番組で放送されていたが、店の前のテーブルには何組もの客が密になり、食事やおしゃべりを楽しんでいた。明日からまた当分の間外食が出来ず、友達と会うことも難しくなる。それならギリギリまで楽しみたいという思いも理解できる。現在志向バイアスが働いているのだろう。

 スペインでも19日、複数の自治州でレストランやバーの営業が停止され、24時間営業の店舗では時短営業が要請された。公共交通機関はもとより、公共の場で対人との距離を確保できない場合、屋内外を問わずマスク着用が義務化されているが、州によって罰則規定はバラバラだ。そのせいか、ある大学構内での学生たちの様子を報じた映像では、かなりの学生がマスクを着用していない。挨拶はキスとハグという文化があり、顔全体や口元を中心に相手の表情を読み取る傾向があるため、表情が分かりにくく蒸れて煩わしいマスクは敬遠されがちになる。ここでも現在志向バイアスが関係している。

 第2波の影響が深刻なイギリスのリバプールでは、パブやバーが営業停止になっていたが、ジョンソン大統領は当面の間感染の拡大が止まらないとして、地元市長たちの反対を押し切り、マンチェスターの都市圏で営業停止や行動規制を強化すると発表した。

 ヨーロッパ各国では公共交通機関や公共の場でマスクの着用を義務化、違反者には罰金が科せられる所もあるが、煩わしさから疎んじられる傾向も強い。アメリカのトランプ大統領のように、自らマスクをしないことが力強さの象徴のように思わせている国もあり、人々の現在志向バイアスを後押ししてしまっている格好だ。

 東京でも一時期、小池百合子都知事が「夜の街関連」への外出を控えるよう声高に叫んでいたが、この時新宿の感染者が増加していたのも、この現在志向バイアスが関係していたのだろう。だが、ヨーロッパに比べて危機管理意識が高い日本なら、禁止令が発令された場合、潮がサーッと引くように繁華街から人の姿が消えるのではないだろうか。そうは言っても油断は禁物。夜の街には、かなりの人が戻ってきている。

 楽しみや喜び、ストレス解消やリラックスに、足を運びたくなる、集まりたくなるのは誰もが同じだ。煩わしいマスクを外したい気持ちも分かる。コロナとの闘いは、自らの現在志向バイアスとの闘いでもあるだろう。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  5. 5

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  6. 6

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  7. 7

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  8. 8

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  9. 9

    日本沈没ドラマ化に思わぬ批判

    女性自身

  10. 10

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。