記事

Googleの新機能、曲名検索に必要なのは鼻歌だけ

米Googleは10月15日(現地時間)、公式ブログにおいて、画像検索機能に続いて、鼻歌で曲名を検索する新機能を公表した。

利用するには、まずGoogleアシスタントを起動し、「この曲は何?」と言った後に10〜15秒ほど鼻歌や、口笛を吹くだけである。すると、リアルタイムで一致する可能性が高い曲が特定され、利用者は探していた曲を選択できる。また、この新機能を使用するにあたって、完璧な音程は必要ない。

この新機能の仕組みは、曲のメロディーを指紋のようなものと捉え、鼻歌や口笛を適切な「指紋」に一致させようとするものだ。当モデルはスタジオ録音のみならず、人間の歌や口笛、鼻歌など、さまざまなソースに基づいて曲を識別する。

Googleは2017年に「Pixel 2」で周囲に流れている曲のタイトルを表示する「Now Playing」機能の搭載を発表しているが、今回はさらに一歩進み、必要なのは鼻歌だけとなった。

現在はiOSの英語版と、Android版「Google」アプリの日本を含む20か国語版で利用可能であるが、今後さらに拡大していく予定だ。

>> 公式ブログ(該当ページ)

Googleはノーコードによるアプリ開発サービスも発表している

米Googleはこのほかにも、今年9月にはアプリ開発においてノーコードで扱えるサービスを提供開始している。

米Googleは9月8日、公式ブログにおいて、デジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させるとうたう、ノーコードのビジネス アプリケーション プラットフォーム「Business Application Platform」の詳細を明らかにした。

「Business Application Platform」は、Google Cloud Platform(グーグル クラウド プラットフォーム、GCP)による「Apigee」のAPI管理や、「AppSheet」のノーコードアプリケーション開発への取り組みにもとづき、構築した。Google Cloud Platformが持つ人工知能(AI)や機械学習、セキュリティなどの専門知識を活用し、新機能を追加予定としている。


青山学院大学文学部日本文学科所属。編集や出版に興味があり、レッジに参画。好きな食べ物はタコスです。皮はアメリカ風のパリパリ派。高校2年生のときに初めて食べて世界が変わりました。お肉と野菜、そしてチーズとソースのハーモニー。大好き。

あわせて読みたい

「Google」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  2. 2

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  7. 7

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  10. 10

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。