記事

眞子さま29歳「お気持ち発表」へ 小室圭さんと“結婚再延期”の可能性…元皇族“お住まいの条件”は? - 佐藤 あさ子

 秋篠宮家の長女・眞子さまが、10月23日で29歳の誕生日を迎えられた。誕生日に際して公開されたご近影は、眞子さまの結婚について「姉の一個人としての希望がかなう形になってほしい」と述べられた次女・佳子さま(25)と顔を近づけてインスタントカメラで自撮りされるなど、ご姉妹の“連帯”が感じられるものだった。

【写真】顔を近づけて自撮りされる眞子さまと佳子さま


2020年、眞子さまお誕生日に際してのご近影 宮内庁提供

 この秋、秋篠宮家にとっては重要な行事が控えている。4月の予定から延期されていた、秋篠宮さまの立皇嗣の礼(皇位継承順位1位の皇嗣となられたことを国内外に宣言)は、11月8日に行われることが決まった。関連行事とされる、秋篠宮ご夫妻の伊勢神宮などへのご参拝は当面見送られる。

 11月30日に55歳の誕生日を迎えられる秋篠宮さまの記者会見では、眞子さまのご結婚問題についてどのような発言をなさるのか、注目が集まっている。そして加地隆治皇嗣職大夫は、時期を明示しなかったものの、眞子さまの「結婚に関するお気持ちの発表はあろうかと思う」と述べたという。

 小室圭さん(29)の母・佳代さんと元婚約者である男性との間の金銭問題が一つのきっかけとなり、2人の結婚に関する行事が延期されて丸2年が過ぎた。

 秋篠宮さまは2018年11月の誕生日会見で、眞子さまと小室さんの結婚には「相応の対応」と「多くの人が納得し喜んでくれる状況」が必要だと述べられ、結婚への強い思いを持ち続けられているという眞子さまのお考えを勘案すると、再延期の可能性が高いのではないかと見る関係者は多い。

お住まいは重要なポイント

 仮に眞子さまが結婚されることになれば、通例として皇室を離れられる際に政府から一時金が支出されることになる。皇室経済法に基づいて皇室経済会議で金額が審議され、眞子さまの場合は1億円超とみられる。

 元皇族としての「品位を保つ」ために一時金が支出される。セキュリティ面も含めてお住まいは重要なポイントになるだろう。近年、結婚によって皇籍を離れた方の中で、高円宮家の三女・守谷絢子さん(30)は、都内のマンションを選ばれる際にある条件を大切にされたという。

ロングドレスやモーニングで人目につかないよう…

「守谷慧さん、絢子さんご夫妻は、昨年に執り行われた『即位礼正殿の儀』などにも参列しています。場合によっては、モーニングやロングドレスなどを着て皇室の行事に出席する機会があるため、人目についたり近隣の人の迷惑にならないことを重視して、車寄せがある物件などを探したようです」(皇室記者)

 絢子さんは2019年11月に第一子を出産。日頃から宅配やネット通販も活用し、コロナ禍で一時は外出を控えていたが、日本郵船に勤務する慧さんが在宅でリモートワークをしていた時期もあり、慧さんも育児や家事にも積極的に関わっていたという。慧さんの実家とは徒歩圏内で、守谷家との関係も良好のようだ。

黒田清子さんは、皇居からの近さもポイント

 眞子さまと同じく内親王であった紀宮さま(現・黒田清子さん)は、秋篠宮さまの学習院時代からの友人で東京都職員の黒田慶樹さんと結婚。 都内のマンションで生活を送っている。新元号「令和」が発表される前夜、2019年3月31日には、上皇ご夫妻がお忍びで黒田さん宅を訪ねられて、団らんのひと時を過ごされた。皇居からの近さも物件選びのポイントだったようだ。

「黒田慶樹さん、清子さんご夫妻には、結婚準備の段階から何事も『控えめに』という意向があったようです。職員からのアドバイスもあって新居に選んだセキュリティも万全のマンションが、翌年春に完成予定だったため、結婚当初は賃貸マンションに仮住まいしていました。高齢になった慶樹さんの母は黒田さんご夫妻のマンションの近くに引っ越していて、清子さんと一緒にスーパーなどへ出かけていたそうです。清子さんは2017年から伊勢神宮の祭主としても多忙な日々を送っていましたが、時には自ら車を運転して身の回りの用事をてきぱきと済ませている様子でした」(別の皇室記者)

 2019年4月、上皇ご夫妻にとって在位中最後の地方訪問となった三重県ご訪問にも、神宮祭主である黒田清子さんの姿はあった。最終日、ブラウンのスーツを着て自らハンドバッグを片手に持った清子さんは、凛として美しかった。

 9月から10月にかけて、秋篠宮家のお出ましは目立っていた。秋篠宮ご夫妻が国立劇場で行われた文化庁芸術祭オープニングに臨席され、眞子さまが日本橋三越本店で「日本伝統工芸展」ご鑑賞とともに授賞式へ臨席されるなど、新型コロナウイルスの感染防止対策をとられながら、皇嗣家としての役割を果たそうとされているのではないだろうか。  

 10月20日、美智子さまは86歳の誕生日を迎えられ、「ご家族のことについては、公私の事を問わず、それぞれの方のご健康を願いながら、いつも遠くからひたすら静かにお見守りになっていらっしゃいます」というご近況が明かされた(宮内庁HP「上皇后陛下のご近況について」)。真摯に公務に臨み、皇室を支えようとされている初孫の眞子さまの今後について、ご案じなさっていることと拝察している。

眞子さまは「時計の針が再び動き出したかのような感覚」

 眞子さまは、東京大学総合研究博物館の特任研究員として勤務され、「インターメディアテク」のウェブサイト上で、8月から立て続けに3つの「研究者コラム」を発表された。9月10日のコラムでは、電気が点いていないギャラリーを歩き回られた時のことを綴られている。

〈さて次はどこへ行こうかと思った瞬間に電気が点いた。わずか十数分の小旅行は終了し、見慣れた風景が戻ってきた。それはまるで時計の針が再び動き出したかのような感覚で、しかし私は、いつもと違うIMTも結構好きだった・・・などと、思い返すのである。〉

 眞子さまがインターメディアテクで勤務され始めた頃、ダークスーツに黒ぶちメガネをお召しになり、少し緊張された面持ちでオフィスへと向かわれた様子が思い出される。2016年4月、眞子さまが特任研究員に就任されたと宮内庁が発表した当時、「任期は1年で最長5年まで更新できる」と報じられ、来年でその5年を迎えることになる。勤務先でも経験を積まれてきた眞子さまは、今どのようなご胸中でいらっしゃるのだろうか。

(佐藤 あさ子/文藝春秋 digital)

あわせて読みたい

「眞子内親王」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  8. 8

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  9. 9

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。