記事

「なぜか和式のまま」学校トイレの5Kはなぜ解決されないのか

1/2

小中学校のトイレには「和式」が多く残っている。文部科学省の調査によると、全国の公立小中学校のトイレのうち、47%が和式だった。文科省は洋式を推奨しているが、トイレの洋式化率は地域差が大きい。なぜそんなことになっているのか。教育行政に詳しい寺脇研氏が解説する――。

トイレ

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/laymul

教職員用のトイレが「男女共用」になっていた

25年ほど前のことではあるが、とても驚いた経験がある。文部省(当時)から出向して広島県教育長を務めていた時の話だ。とある県立高校を訪問したところ、教職員用のトイレが、なんと男女共用だったのである。四半世紀前とはいえ、常識外れの状況に呆れてしまい、即座に改善するよう予算を手配して男女を別にしてもらった。

その学校が、特に無神経だったわけではあるまい。その何十年か前に校舎を設計したときにそうなっていて、そのままになっていたのだろう。乏しい予算を生徒の使ういろいろな施設の整備に充て、教職員のためのものが後回しになっていた結果だと思う。生徒のトイレは、もちろん、ちゃんと男女別になっていた。

ただ、学校というところが、他の施設と比べてトイレに配慮が足りない傾向があったのは事実である。1990年代後半になるが、学校のトイレに関する問題提起がなされた際も、学校現場や教育行政機関の反応は鈍かった。

学校のトイレが持つ「5K」のイメージ

TOTOなどトイレ関連の企業をはじめとする関係者団体として1985年に発足した日本トイレ協会は、96年に「学校トイレ研究会」を設立した。その設立趣旨は、次のようなものである。

【住生活の向上により、住宅はもとより、デパートを始めとする商業施設や、オフィス、駅舎などのトイレも従来に比べて随分改善されてきました。一方、学校のトイレは、ソフト・ハード面でまだ十分に改善されておらず、加えて校舎の老朽化に伴い公立学校のトイレは子どもたちから5K(汚い・くさい・暗い・怖い・壊れている)と揶揄され、学校で排便を我慢する子どもたちの健康が危惧されていました。

子どもたちにとって、学校のトイレは健康面・心理面から深刻な問題であり、また一日の大半を過ごす生活の場として、さらに地域開放や災害時の避難場所としても早急な改善が望まれています。学校のトイレ研究会は、学校トイレの実態をソフト・ハード面にわたって調査・研究することにより、児童・生徒が安心して使える清潔で快適なトイレを、具体的に提案・普及していくことを目的に、トイレ関連企業により1996年11月に発足いたしました。】

この5Kの話は、わたしも現場の教師たちから何度か耳にしたことがあり、問題意識はもっともなことだと思った。それとは別に、男子トイレの場合、個室に入ると「ウンコしていた」とからかわれるために、学校での排便を我慢する子が多いという心理的な理由による問題も深刻だと聞いていた。

トイレ専門家からの問題提起を受け止めた

しかし、同研究会からの当時の文部省に対する働きかけは、まともに相手にされなかったようだ。学校を所管する初等中等教育局も、学校施設に関する政策を担当する文教施設部(現・文教施設企画・防災部)も、全く関心を示さなかったという。トイレに目が向かなかっただけでなく、民間企業からの提案に応じること自体が、当時の学校教育行政にはタブー視されていたのである。

途方に暮れた「学校トイレ研究会」に、助言した教育関係者がいた。生涯学習局(現・総合教育政策局)なら対応してくれるのではないか、と。で、同局の生涯学習振興課(現・政策課)の課長だったわたしのところに話が持ち込まれたというわけだ。生涯学習局は、国民の皆さんが生涯にわたって学習していくための便宜を図るのが使命であり、当然、それは学校などで学習する環境をも含む。また、民間企業の行う教育に関する活動も、学習する者のためになることなら積極的に受け入れる姿勢でいた。

喜んで話を伺い、トイレ専門家の立場からの問題提起を受け止めた。たしかに重要なことだと認識し、その結果、98年だったと思うが、同研究会が主催する神戸市でのシンポジウムに出席することになる。文部省として、初めて公的にこの問題を認知することとなった。この日は、神戸市の小学生たちからのトイレへの率直な要望もあり、問題の所在が明確化され、対処の必要性も認識されたと思う。

公立学校は「聖域」扱いされていた

しかし、直接に学校に働きかけることのできる部署は動かなかった。90年代末のこの時点でも、まだ公立学校は「聖域」視されていたのである。公立学校をどうするかは、あくまで設置者である自治体や国にしか決定できないと思われてきた。なにしろ、学校の敷地に入っていいのは保護者だけ、それも子どものことで用件があるときか、授業参観日や学校行事の日に限られていた。学校に注文をつけるなんて論外で、「子どもを人質に取られている」との意識で泣き寝入りするしかなかった。ましてや、児童・生徒の意見など、学校の運営に反映されようわけもない。

学校を直接所管しているわけではない生涯学習局としては、「学校トイレ研究会」を公認し、その活動が阻害されないように見守ることしかできなかったのは残念だ。それでも同研究会は、各自治体と粘り強い接触を続け、全国の自治体へのアンケートや、児童・生徒に対するアンケートなどで実態の把握と要望の集約に努めていく。年1回のペースで発行する研究誌では、各地での先進的な取り組みなどが紹介された。

教室

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/urbancow

あわせて読みたい

「トイレ」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  2. 2

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  3. 3

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  4. 4

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    中島みゆきとユーミン 本当の仲

    NEWSポストセブン

  6. 6

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  7. 7

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  8. 8

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  9. 9

    パスワードの管理方法は紙が最強

    PRESIDENT Online

  10. 10

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。