記事
  • ロイター

全国コアCPI0.3%低下、GoTo影響で2カ月連続マイナス=総務省


[東京 23日 ロイター] - 総務省が23日発表した9月の消費者物価指数は、コアCPI(除く生鮮食品)が前年比0.3%低下し、2カ月連続のマイナスとなった。灯油やガソリンなどエネルギー価格が下落したほか、幼稚園保育料無償化やGoToトラベル政策による宿泊料低下が響いた。マイナス幅は8月の0.4%から縮小した。

総務省の試算によると、GoToトラベルの影響を除くとコアCPIは前年比横ばい。

総合指数は前年比横ばい、コアコアCPI(除く生鮮、エネルギー)は前年比横ばいだった。8月は同0.1%低下だった。

前年比で下落した品目は電気代、灯油、ガソリン、保育園保育料など。上昇した品目は梨、ぶどう、もも、リンゴなどの果物、すし、キャベツ、さんま、火災・地震保険料、携帯電話通信料、ゴルフクラブなど。

コアCPIのマイナス幅が8月より縮小したのは、宿泊料の下落幅が8月の32.0%から9月は30.0%に縮小したことが主な理由。ガソリンなど石油製品のマイナス幅縮小も指数を押し上げた。

総合指数は8月に前年比0.2%上昇していたが、今回プラス幅が縮小したのは、夏場の長雨で高騰していた「レタスやトマトなど生鮮価格が落ち着いたため」(総務省)という。 

*内容を追加し、見出しを更新しました。

(竹本能文 編集:内田慎一)

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  4. 4

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  6. 6

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

  7. 7

    医師「感染対策は経験を生かせ」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    昭恵氏 学園理事と親密ショット

    NEWSポストセブン

  9. 9

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  10. 10

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。