記事

「まだ官房長官を引きずっている」発足1カ月、どこよりも早い《菅義偉政権の通信簿》 - 後藤 謙次

 9月に発足した菅義偉内閣は「国民のために働く内閣」というキャッチフレーズを掲げ、デジタル庁の創設、携帯電話料金の値下げや不妊治療への保険適用など矢継ぎ早に政策を打ち出し、発足当初の支持率は大手各紙とも60%以上を記録、読売新聞の調査では74%など好スタートを切った。しかし、日本学術会議の会員候補6人の任命を拒否した問題が表面化すると、発足からわずか1カ月で、各紙とも支持率が低下した。

【画像】初の外遊を終え、真理子夫人と帰国した菅首相


菅義偉首相(2019年撮影) Ⓒ文藝春秋

スピード感が仇となった日本学術会議問題

 10月26日には臨時国会が召集され、菅首相が政権発足後、初めての所信表明演説を行う。安倍晋三前首相の突然の退陣で誕生した菅内閣。この1カ月で見えてきた「本質」とは何なのか。政治ジャーナリストで白鷗大学名誉教授の後藤謙次氏に聞いた。

◆◆◆

 菅義偉政権が誕生してから1カ月の間に、この政権の「明」と「暗」がはっきりしたと思います。菅首相は発足当初、矢継ぎ早に政策を打ち出し、高い支持率を獲得する「ロケットスタート」に成功しました。これは菅政権が持つ政策実現のための「スピード感」の速さという「明」の部分が好意的に受け取られた結果です。しかし、その後、日本学術会議の会員任命拒否の問題が起きた際には、そのスピード感が仇となり、もっと落ち着いて問題に取り組んだ方がよい、いかにも対応が拙速だといった国民世論の批判がおき、支持率の下落を招いてしまいました。

 菅政権の特徴を一言でいえば、それは「境目がない」ということです。政権のナンバー2である官房長官として、それまで安倍政権を支えてきたのが、安倍前首相の突然の退陣表明によって、一気にナンバー1になった。しっかり準備をして、首相という地位についたわけではありません。ですから、菅首相が当初から掲げている「安倍政治の継承」というのも、何が前政権からの「継承」で、何が菅首相の「独自カラー」を表したものなのか、今のところはっきりと見えづらい部分があります。

絶えず「攻撃型」の政治を貫くのが菅首相のスタイル

 例えば、菅首相は10月17日、靖国神社の秋の例大祭で「真榊(まさかき)」を奉納しました。菅首相のこれまでの政治活動において「靖国」の問題が出てきたことはありませんから、ずいぶん意外に思えました。しかし、これは、自分は「安倍政権を継承しているんだ」という、その“証し”を示す意味があったと考えれば、十分納得のいく行動といえないでしょうか。安倍前首相は19日の午前に靖国神社に参拝しています。

 日本学術会議の問題も「政権の端境期」に起きた出来事、つまり「安倍政治の継承」のために起きた問題であるといえます。安倍首相の在任中に、今回任命拒否された6名の学者を含む、会員の選定作業は始まっていました。突然の退陣がなければ任命を拒否するかどうかの判断も、安倍前首相が下していたことでしょう。しかし、この判断は「境目がないまま」菅政権に持ち越され、菅首相は心の準備や理論武装をしないうちに最終決裁者として、6人の任命を拒否する選択をしたのです。

 もちろんその後、菅首相には「撤退の道」を選ぶ方法もありました。しかし、絶えず「攻撃型」の政治を貫き、前に出るのが菅義偉という政治家のスタイルです。官房長官時代の記者会見を見てもわかるように、内閣に何か問題が浮上しても常に「問題ありません」「適切だ」と繰り返し、決して「それは申し訳なかった」と撤退の言葉を述べることはありませんでした。この姿勢を首相になっても貫いたのです。ただし、勢いがあるときはこういう「攻め」の姿勢は非常に有効ですが、守りに入らなければいけない時にこれがどこまで効力を発揮するかは未知数です。

首相がいきなり「裸単騎」で出てきてしまった

 本来であれば、菅首相自身が安倍政権時代、「政権の守護神」として矢玉を一身に引き受けるゴールキーパーだったように、かつての菅官房長官と同じような役割をこなすことができる側近が出てくる必要がありました。私は森山裕自民党国会対策委員長が今後そのゴールキーパーの役割を果たすことになっていくと思っているのですが、しかし、日本学術会議の問題では、その体制が整う前に、菅首相がいきなり10月5日にマスコミ3社によるグループインタビューの席で、この問題について「それぞれの時代の制度のなかで法律に基づいて任命をおこなっている」「学問の自由とはまったく関係ない」と発言。さらに6人を任命拒否した理由については「個別の人事に関することについてはコメントを控えたい」と述べ、世論の反発を招いてしまいました。

 これは明らかな失敗です。首相がいきなり「裸単騎」で出てきて発言するべきではなく、二重三重にも張り巡らされたセーフティネットの中にまず首相はいて、じっと状況を見極めるべきであったと思います。しかし、人間は「上手の手から水が漏れる」もので、官房長官時代に、「攻めの姿勢」でマスコミ対応をしっかりやってきたという自信が仇になった。官房長官のときと同じように振舞ってしまったことで傷口が広がったのです。

自民党ベテラン議員は「総理はいろんな人と会う頻度をスローダウンすべき」

 いわば、菅首相はまだ官房長官時代を“引きずっている”。この点は、毎日の首相動静を見てもわかります。菅首相は朝からホテルで食事をして、夜遅くまで人と会い続けています。就任から1カ月で会ったのは90人以上。私も10月11日のお昼にお会いしました。菅首相は官房長官時代から独自のネットワークを構築し、様々なジャンルの人と意見交換や交流を重ねてきたわけですが、その生活スタイルを首相になっても続けているのです。

 菅首相はこれまですべて自分でプランニングして自分で実行に移す、一人完結型の政治をずっとやってきました。しかし、政権運営はチームプレイでもあります。首相がすべてをひとりで抱え込むことはできない。実際、自民党のベテラン議員の中からは、「首相は任せるべきところは任せ、いろんな人と会う頻度をスローダウンさせるべき」と進言する声も多く聞こえてきます。(#2につづく)

「最大の脅威は安倍前首相の“嫉妬”」発足1カ月、自民党初の“無派閥首相”に早くも「菅おろし」の火!? へ続く

(後藤 謙次/Webオリジナル(特集班))

あわせて読みたい

「菅義偉」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  5. 5

    やきそば名物店 コロナで閉店へ

    田野幸伸

  6. 6

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  7. 7

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  8. 8

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  9. 9

    勝ち組のJAL 明暗分けた財政戦略

    PRESIDENT Online

  10. 10

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。