記事

矢沢永吉がロックで上り詰めるまで 1970年代の楽曲とともに語る

1/3
矢沢永吉

音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2020年10月の特集は矢沢永吉。第2週となる今回は、ソロ活動を始めた矢沢永吉の1970年代を辿る。

ウイスキー・コーク / 矢沢永吉

こんばんは。FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」案内人、田家秀樹です。今お聴き頂いているのは矢沢永吉さんの「ウイスキー・コーク」。2013年発売になるベストアルバム『ALL TIME BEST ALBUM』よりお聴きいただいております。オリジナルは1975年のアルバム『I LOVE YOU,OK』の中の曲です。今日の前テーマはこれです。

今月2020年10月の特集は「矢沢永吉」。1949年9月14日生まれで今年71歳。去年発売したオリジナルアルバム『いつか、その日が来るまで...』がアルバムチャート1位になり、史上最年長記録となりました国民的ロックスター。日本のロックの革命時、風雲児。日本のロックの最先端を走り続け、日本のロックのインフラを作った。そして、日本のロックをメジャーにしたスーパーレジェンドであります。

先週は、10月21日に出る3枚組アルバム『STANDARD〜THE BALLAD BEST〜』のご紹介をしました。今週からは、3週にわたって矢沢さんの45年間を辿ってみようと思います。今週は1970年代、まさに"オレ達若かったよな"という時代です。生まれていなかった人もいるでしょう。今週も矢沢さんからのコメントをいただいておりますのでお楽しみに。1曲目は1977年の曲です。「黒く塗りつぶせ」。

黒く塗りつぶせ / 矢沢永吉

1977年発売、3枚目のアルバム『ドアを開けろ』の中の「黒く塗りつぶせ」。拍手しましたね。胸のすくようなロックンロールでありました。当時の矢沢さんは26歳。ドアを開けろ、そこを通せ、俺の邪魔をするなと言わんばかりです。矢沢さんの還暦の東京ドーム公演がありまして、そのライブを観に行った時に、シークレットゲストで氷室京介さんとザ・クロマニヨンズのヒロトさんとマーシーさんが出てきて、この曲を一緒に歌いました。

続いて、矢沢さんからのコメントをご紹介いたします。矢沢さんからのコメントに続いて、1975年発売の1stアルバム『I LOVE YOU,OK』のタイトル曲であり、最初のシングル曲でもありました「アイ・ラヴ・ユー, OK」。これを10月21日に発売の3枚組アルバム『STANDARD~THE BALLAD BEST~』からお聴きいただきます

矢沢永吉:1970年代と言えば、矢沢がキャロルでデビューして、2年半のキャロルの活動を解散、Eikichi Yazawaとしてソロでやっていく。まあ、すごい時だよね。1970年代の矢沢……。がむしゃらで必死で、唾を飛ばしながら言いたいことを言っていた。ただ分かりやすかったことは、上に行きたい! あの星を掴むんだ! ってこと。普通もうちょっと黙ってれば神秘的でかっこいいのに、自分の想いというものをインタビューでもなんでもぶつける、尖ってる矢沢でした。やかましい矢沢。うるせえ矢沢。全部同じ意味か。そんなど真ん中だったと思うなあ。

でも今、僕は遥か彼方、40年以上前のデビューした頃の話をチラッとしたんですけど、今は71歳になって当時の矢沢を振り返ってみると、あれはあれで良かったんじゃないかな? やっぱり20代の頃に「この扉を開けるんだ! 開くかな? 開かないのかな? いや、開かないはずがない!」っていうあの頃。青くて無我夢中でいいんじゃないかな。そういう矢沢だったんじゃないかなと思うし、それはそれで非常に素敵だったと思います。自分で自分のことを素敵だったって言いたくなるような。

アイ・ラヴ・ユー, OK / 矢沢永吉

1975年9月発売のデビューアルバムのタイトル曲、そしてデビューシングルでもありました「アイ・ラヴ・ユー, OK 」。この曲が、『STANDARD~THE BALLAD BEST~』の中ではライブ音源で収められているんですね。2018年の「EIKICHI YAZAWA 69TH ANNIVERSARY TOUR 2018 - STAY ROCK -」、69歳の時の東京ドーム公演の様子が収められています。この曲は矢沢さんが18歳の時に書いたものですが、50年後にこんな風に歌っているわけです。

キャロルが解散したのは1975年4月で、1stアルバムと1stシングルである『I LOVE YOU,OK』がリリースされたのは1975年9月。キャロルの炎の日比谷野音公演は4月、この1ヶ月後の5月に矢沢さんは単身でロサンゼルスに渡って、現地のA&Mスタジオでレコーディングしています。曲は全部用意してありました。「I LOVE YOU,OK」は18歳の時の曲ですから、キャロルを組む前にすでに曲は出来ていた。こういう曲があったからこそ夜行列車に乗って上京したとも言えるでしょうね。でも、「I LOVE YOU,OK」を東芝とソニーに持ち込んで相手にされなかったというエピソードもあります。

そして、このデビューアルバムの制作費は彼の個人で負担したんですね。キャロルの印税はそこで全部使った。でも、キャロルはまだ前のレコード会社とまだ契約が残ってる時に解散したので、レコード会社には違約金を払わなければいけなかった。その違約金は新しいレコード会社のソニーから借りて、レコーディング費用は全部自費で出した、そんな始まりでした。『I LOVE YOU,OK』からもう一曲、「恋の列車はリバプール発」。

あわせて読みたい

「矢沢永吉 」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  2. 2

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  4. 4

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  5. 5

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  6. 6

    検査少ない東京 実際の感染者は

    ktdisk

  7. 7

    ジリ貧の書店 サービス不足原因?

    吉田喜貴

  8. 8

    対案出さない野党「追及で十分」

    PRESIDENT Online

  9. 9

    自民党も評価 公正だった民主党

    非国民通信

  10. 10

    香港民主派の周庭さんら3人収監

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。