記事
  • 女性自身

ANAが5300億円の過去最大赤字…“半沢直樹”待望論も


ANAホールディングスの2021年3月期の連結純損益の見通しが5,300億円前後の赤字となりそうなことが21日、わかった。各メディアによると、ANAホールディングスは27日に予定している決算発表の場で赤字額について発表するという。

この金額はリーマンショック時の赤字額542億円を大幅に上回る過去最大のものとなり、かつてない危機を迎えることになりそうだ。

新型コロナウイルスの影響で、国際線を今年の5月から9月にかけて当初の運用計画と比べて9割減便・運休し、国内線は、回復傾向にあるものの依然厳しい状況が続いている同社。コロナ収束の兆しは未だ見えず、立て直しには時間がかかるとみられている。

そんななか、ネット上では、にわかに“伝説の銀行員”を待望する声が相次いでいる。平均視聴率20%越えの社会現象を巻き起こしたドラマ『半沢直樹』(TBS系)の主人公・半沢直樹だ。

劇中で数々の企業をその手腕で再建してきた半沢は、2020年版の第2部で破綻寸前だった帝国航空の再建を任されることに。劇中では、帝国航空の現場に赴き隅から隅まで視察したうえで役員報酬の大幅カット、赤字路線の廃止や現場業務の縦割りの排除、パイロットの待遇見直し、従業員のリストラといった抜本的な再建案を提案していた。

SNS上では、ドラマでの活躍ぶりからANAの再建を半沢に期待する声があがった。

《さっそく大型機は減損 ANAも半沢直樹に頼りたい》

《ANA……再建案を半沢さんに頼むしかない》

現在、役員報酬のカットや、社員の年収三割減、副業の範囲拡大、国際線再開の場合は羽田空港を優先、大型機を中心に30機の削減などの改革を検討しているというANA。

現実世界に半沢はいないわけだが、果たして再建の行方はーー。

あわせて読みたい

「ANA」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  6. 6

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  7. 7

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  8. 8

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  9. 9

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。