記事
  • SmartFLASH

小川彩佳、早期復帰も数字低迷…TBS社内から「視聴率5%獲れなければ今年でクビ」の声


 10月19日、小川彩佳(35)が第1子を出産してわずか3カ月で『NEWS23』(TBS系)にスピード復帰した。

「はっきりいって、小川さんの気焦りから来る、“やる気アピール” でしょう」

 そう話すのは、TBSの制作担当者。彼女が早期に番組復帰した裏事情を続ける。

「小川さんのサブだった山本恵里伽アナをメインに昇格させて、サブには田村真子アナと上村彩子アナを配置するという、“生え抜きの局アナ” だけの体制にしたところ、皮肉なことに視聴率が上がったんです。これに小川さんも危機感を抱いて、早期復帰を願い出たんだと思います。

 以前、元テレビ東京の大橋未歩さんが『5時に夢中!』(TOKYO MX)の番組内で、『TBSの女子アナは自分がどれだけ頑張っても、メインの帯番組はフリーアナウンサーに持っていかれてしまい、嫌になって辞めていく』という趣旨の発言をしてネット上で炎上したことがありましたが、TBSでは局アナに対する待遇の不満が燻っている現状はあります」

 小川が早期復帰を望んだだけでなく、『NEWS23』の制作サイドにも、小川を早く復帰させたい思惑があったという。

『NEWS23』の制作は、小川をテレビ朝日から引き抜くに際して、局の上層部やクライアント関係者を説得し、リスクを負って進めてきた。そのため、小川がこのまま育児に専念することをよしとせず、番組復帰させることですべての雑音を打ち消したいという利害が一致したというわけだ。

 ところが、小川が復帰した初回の視聴率は、いつもと変わらぬ3.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。これには局内から、厳しい意見が次々と上がっているという。

「この業界の掟ですが、結局は数字(視聴率)が獲れないとダメなんです。視聴率のボーダーラインは、5%と言われています。小川さんは、“最後通告” を突きつけられた状態ですよ。

 TBS上層部は早く結果を出すように求めていますし、局内では早くも小川さんへの不要論が出ています。年内に結果が出なければ、来年早々の降板もあり得るでしょう」(同前)

 新米ママさんが、正念場を迎えている。

あわせて読みたい

「小川彩佳」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  3. 3

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  4. 4

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  5. 5

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  6. 6

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  7. 7

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  8. 8

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  9. 9

    GoTo自粛要請「後手後手の極み」

    大串博志

  10. 10

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。